メインメニューを開く

藤原 長岡(ふじわら の ながおか)は、平安時代初期の貴族藤原北家右大臣藤原内麻呂の六男[1]官位従四位上大和守。  

 
藤原長岡
時代 平安時代初期
生誕 延暦5年(786年
死没 嘉祥2年2月6日849年3月4日
官位 従四位上大和守
主君 平城天皇嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原内麻呂、母:坂上登子
兄弟 真夏冬嗣、秋継、桜麻呂、福当麻呂長岡、率、愛発大津、収、平○○、恵須子、緒夏、紀有常
朝善、北雄、忠雄、南雄、奉公、統仁、統方、発生、潔子、藤原清瀬室
テンプレートを表示

目次

経歴編集

大同2年(807年陸奥大掾、同年9月に左兵衛少尉に転じるが、任期の5年間で歩射・騎射の両方の節会に付き従い、作法を間違える事がなかったという[1]弘仁2年(812年出羽介に任ぜられるが遥任として京に留まり、続いて駿河介と国司の次官を歴任。弘仁10年(819年従五位下に叙爵し、のち播磨介・播磨守を務めるなど、嵯峨朝では主に地方官を務めた。

淳和朝に入ると、天長元年(824年山城守を経て、天長5年(828年)従五位上に叙任される。淳和朝後半は治部大輔宮内大輔木工頭右衛門佐と京官を歴任した。

仁明朝初頭の承和元年(834年右馬頭に遷るが、承和2年(835年)正月に正五位下、9月に従四位下と続けて昇叙される。またこの頃越前守に任ぜられる。

承和10年(843年山城守に任ぜられるも病であるとして出仕しなかったところ、同年7月大和守に任ぜられ、任官を固辞するも今度は許されず官職に就く。承和13年(846年)従四位上。大和守の任期終了後は大和国宇智郡の山家に隠居し、嘉祥2年(849年)2月6日卒去享年64。最終官位散位従四位上。

人物編集

武芸に長じた一方、在任した各官職において清廉かつ有能であると評された[1]

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原内麻呂
  • 母:坂上登子 - 坂上苅田麻呂の次女
  • 生母不明
    • 男子:藤原朝善
    • 男子:藤原北雄
    • 男子:藤原忠雄
    • 男子:藤原南雄
    • 男子:藤原奉公
    • 男子:藤原統仁
    • 男子:藤原統方
    • 男子:藤原発生
    • 女子:藤原潔子 - 淳和天皇更衣
    • 女子:藤原清瀬室

脚注編集

  1. ^ a b c 続日本後紀』嘉祥2年2月6日条

出典編集