メインメニューを開く

藤沢 桓夫(ふじさわ たけお、1904年7月12日 - 1989年6月12日)は、日本小説家。「藤沢恒夫」と表記される場合もあるが、これは誤記である。

藤沢 桓夫
Takeo Fujisawa.jpg
読売新聞社『家庭よみうり』383号(1954年)より
誕生 (1904-07-12) 1904年7月12日
大阪市
死没 (1989-06-12) 1989年6月12日(84歳没)
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学
活動期間 1930年 - 1989年
ジャンル 大衆小説
テンプレートを表示

目次

略歴編集

大阪市生まれ。旧制大阪高校在学中に武田麟太郎三高)・長沖一林広次神崎清らとともに同人誌『辻馬車』を発刊、1925年同誌に発表した「首」でデビューし新感覚派として目された。1927年大阪高校を卒業し東京帝国大学に入学、在学中は新人会で活動しプロレタリア文学に転向、1930年『傷だらけの歌』を書く。1931年文学部国文科を卒業したのち肺病で大阪に帰り、1936年『花粉』、1941年 - 1942年の『新雪』で新聞小説家として復帰。その後、大衆・流行作家として数多くの小説を書き、晩年まで関西文壇の長老として活動を続けた。

アマチュア五段(没後七段を追贈された)の段位を持つ程の、文士きっての将棋好きとしても知られ、その腕前は山口瞳から「ほとんどプロに近い」と評されている。本人は奨励会の初段・二段と対等の棋力と書いている[1]。また、それを生かした将棋を題材にした小説や随筆を多く書き、新境地を開いた。

詰将棋の創作もし、また将棋棋士たちと盛んに交流・援助した[2]

親族等編集

高松藩の儒学者の家系になる[3]。曾祖父は漢学者の藤沢東畡。祖父も漢学者の藤沢南岳。父も漢学者で関西大学初の名誉教授となった藤沢章二郎(藤沢黄坡)。父方の伯父の藤沢元造(藤沢黄坡)は衆議院議員。

東洋史家の石濱純太郎は母方の叔父。その息子で作家石浜恒夫は従弟。

また、直接の関係は無いが歌手の藤島桓夫の芸名の由来である。

著書編集

  • 傷だらけの歌 新鋭文学叢書 改造社, 1930
  • 辻馬車時代 新鋭文学叢書 改造社, 1930
  • 生活の旗 天人社,1930 (現代暴露文学選集)
  • 街の灯 春秋社, 1933
  • 漁夫 春陽堂, 1933 (日本小説文庫)
  • 燃える石 改造社, 1934 (文藝復興叢書)
  • 大阪の話 サイレン社, 1935
  • 憎しみの坩堝 政経書院, 1935
  • 恋人 竹村書房, 1936
  • 道頓堀の女 大阪物語集 信正社, 1937
  • 花粉 新潮社, 1937
  • 大阪 中央公論社, 1937
  • 花ある氷河 竹村書房, 1938
  • 緑の褥 竹村書房, 1939
  • 赤い月 河出書房, 1940
  • 淡雪日記 大阪物語集 輝文館, 1940
  • 青春詩集 春陽堂, 1940
  • 妻の感傷 讀切講談社, 1940
  • 大阪手帖 随筆 秩父書房, 1941
  • 横顔 輝文館, 1941
  • 郷愁 春陽堂, 1942
  • 新雪 新潮社, 1942
  • 中学生 全国書房,1942
  • 勁い花々 学芸社, 1943
  • 幸福問答 春陽堂書店, 1943
  • 生活の樹 全国書房, 1943
  • 美しい季節 新太陽社, 1943
  • 風に立つ 春陽堂, 1944
  • 花言葉 弘文社, 1946
  • 水のほとり 桂書店, 1946
  • 朝の歌 三島書房, 1946
  • 若い樹々 新紀元社, 1946
  • 純情物語 新生活社, 1947
  • 女学生 新太陽社, 1947
  • 牧歌 三島書房, 1947
  • 初戀 弘文社, 1947
  • 少女 民衆書房, 1947
  • 青春の弾道 中川書店, 1948
  • 白鳥は悲しまず 三河書房, 1948
  • 愛する権利 鷺ノ宮書房, 1948
  • 私は見た 新潮社, 1948
  • 明日 世間書房, 1948
  • 青春奇談 裾花書院, 1949
  • 感情旅行・花ふたたび 大日本雄弁会講談社, 1951
  • 花の秘密 偕成社, 1951
  • 白蘭紅蘭 湊書房, 1952
  • 妖精は花の匂いがする 東成社, 1952 (ユーモア小説全集)
  • レモンの月 朝日新聞社, 1952
  • 青い薔薇 読売新聞社, 1953
  • 東京マダムと大阪夫人 東京文芸社, 1954
  • 緑の詩集 東京文芸社, 1954
  • 天使は濡れている 東京文芸社, 1954
  • 大阪五人娘 東方社, 1954
  • 天使の歌 偕成社, 1954
  • 藤沢桓夫長篇小説選集 1-14 東方社, 1954-1956
  • 白鳥は死なず 東方社, 1955
  • 黄金の椅子 講談社, 1955
  • 未知の季節 東京文藝社, 1955
  • 結婚記 東方社, 1956
  • 青・白・赤 角川書店, 1956 (角川小説新書)
  • 薔薇はよみがえる 大日本雄弁会講談社, 1956 (ロマン・ブックス)
  • 君は花の如く 大日本雄弁会講談社, 1956
  • わが花わが夢 東方社, 1956
  • 君よ知るや 東方社, 1957
  • 誰かが呼んでいる 講談社, 1957(ロマン・ブックス)
  • 女の旅路 講談社, 1957(ロマン・ブックス)
  • 誰も知らない 講談社, 1958(ロマン・ブックス)
  • 慕わしの御名 東方社, 1958
  • 星と菫と 東方社, 1958
  • 緑の愛人 浪速書房, 1958
  • 青い星の下で 東方社, 1959
  • 青髯殺人事件 講談社, 1959 (ロマン・ブックス)
  • 都会の白鳥 講談社, 1959 (ロマン・ブックス)
  • 青春の打席 角川書店, 1959
  • 泉は涸れず 講談社, 1959
  • 大阪八景 講談社, 1960
  • 康子は推理する 東京文芸社, 1960
  • 風は緑に 講談社, 1960 (ロマン・ブックス)
  • 都に雨の降る如く 講談社, 1961
  • 幸福の来る道 東方社, 1962
  • 新・大阪物語 桃源社, 1963
  • 太陽がみつめる 講談社, 1964 (ロマン・ブックス)
  • 将棋水滸伝 文藝春秋, 1967
  • 天使の羽根 講談社, 1968
  • 人生師友 随想集 弘文社, 1970
  • 名人物語 大阪教育図書, 1971
  • 大阪自叙伝 朝日新聞社, 1974/中公文庫, 1981
  • 大阪の人 光風社, 1974
  • 将棋百話 わが観戦記 升田幸三伝 勝負師・大山康晴 弘文社, 1974
  • 棋士銘々伝 講談社, 1975
  • 四十一枚目の駒 講談社, 1976
  • 将棋童子 講談社, 1979
  • 将棋に憑かれた男 双葉社, 1980
  • 人生座談 随筆 講談社, 1981
  • 私の大阪 創元社, 1982
  • 回想の大阪文学 明治・大正・昭和の大阪文学を語る ブレーンセンター, 1983 (なにわ塾叢書)

共著編集

  • 大阪 我がふるさとの…… 田村孝之介共著 中外書房, 1959
  • 京都大阪神戸300円味の店 北野栄三共著 有紀書房, 1966
  • 川柳にみる大阪 橘高薫風共著 保育社カラーブックス, 1985

翻訳編集

  • 航海一週間 クルト・クレエベル 内外社, 1930 (国際最鋭文学叢書)
  • 紐育物語 オー・ヘンリー 創元社, 1940

出典編集

  1. ^ 『人生師友』(弘文社)P.142
  2. ^ 加藤治郎原田泰夫田辺忠幸『証言・将棋昭和史』(毎日コミュニケーションズ)P.122
  3. ^ 『大阪自叙伝』(中公文庫)P.33