メインメニューを開く

藤沢 隆(ふじさわ たかし、1943年2月7日 - )は、1960年代に活躍した北海道余市郡余市町出身の元ノルディック複合及びスキージャンプ選手。余市高校-早稲田大学を経て国土計画に所属。

獲得メダル
日本の旗 日本
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
1966 オスロ 90m級

1966年にノルウェーオスロで行われたノルディックスキー世界選手権個人90m級(現在のラージヒル)で銀メダルを獲得、世界選手権で日本人初のメダリストとなった。同選手権の70m級(現在のノーマルヒル)では16位。

1970年にチェコスロバキアビソケタトリで行われた世界選手権で70m級は15位、90m級は6位だった。

1964年のインスブルックオリンピックにはノルディック複合の選手として出場し、個人20位の成績を残した。

1968年のグルノーブルオリンピックにはスキージャンプの選手として出場、70m級で26位、90m級では1本目2位につけたが、2本目は距離を伸ばせずこの回48位、トータルで18位に終わった。

1972年の札幌オリンピックに3大会連続3回目の出場を果たし、70m級では1本目4位につけたが2本目に46位と低迷し、23位に終わった。90m級では14位となった。

全日本スキー選手権大会のジャンプ種目で2度2冠を達成している。

日本国内での主な競技成績編集

外部リンク編集