藤田麻衣子 (女流棋士)

日本の将棋棋士、ジャーナリスト (1973-)

藤田 麻衣子(ふじた まいこ、旧姓比江嶋(ひえじま)、1973年8月3日 - )は、元・将棋女流棋士、将棋観戦記者である。愛知県豊田市出身[1]南山中学校・高等学校[2]東京工業大学理学部化学科卒業[3]

 藤田麻衣子 女流1級
名前 藤田麻衣子
旧姓 比江嶋
生年月日 (1973-08-03) 1973年8月3日(47歳)
プロ入り年月日 1997年10月1日(24歳)
引退年月日 2010年3月31日(36歳)
出身地 愛知県豊田市
師匠 伊藤果七段
段位 女流1級
戦績
2015年2月13日現在

女流棋士時代は伊藤果七段門下。LPSA(日本女子プロ将棋協会)所属当時のLPSA番号は14。

経歴編集

女流棋士時代編集

将棋を覚えたのは大学時代で21歳のとき。大学での勉強に行き詰っていたころ、覚えることの多い数学などと違い、ルールをいったん覚えればあとは応用だけの将棋にひかれたという[4]

1996年4月、日本将棋連盟女流育成会に入会。1997年10月、女流2級としてプロ入り。得意戦法は矢倉[5]

2002年4月から2004年3月まで、女流育成会幹事を務めた。

2005年6月に結婚し、同年10月1日付で棋士活動名を比江嶋姓から藤田姓へ変更した。

2007年5月 日本女子プロ将棋協会(LPSA)の旗揚げに参加し、同年6月に連盟より移籍。連盟に対し、移籍か残留かの表明を最後に届け出た[6]。LPSAではウェブサイトの作成・運営、「日めくり詰め将棋カレンダー」などグッズの企画・デザイン、協会ロゴマークのカラーデザイン[7]などを担当した。北尾まどかがルールを考案したどうぶつしょうぎのデザインも担当した。

2010年3月31日付で女流棋士を引退。同時にLPSAから退会[8]。女流棋士としての身分を放棄した。

LPSA退会後編集

ピエコデザイン(piecodesign)を開業し[3]、「どうぶつしょうぎ」の普及や将棋関連のデザインなどを業としている。

観戦記者として活動している。また、のペンネームで各棋戦のネット中継記者を務めている。2015年(平成27年)、第27回将棋ペンクラブ大賞(観戦記部門・優秀賞)を受賞。

2011年、第1期女流王座戦にアマチュア選手として第1期リコー杯女流王座戦アマ東・西日本予選大会の西日本大会に出場。中学1年の中七海(前年に小学生将棋名人戦で3位)にアマチュア予選決勝で敗れ、女流棋士の出場する一次予選には出られなかった[9]。公式サイト「ピエコデザイン」では、参加できるうれしさ、中七海と指せた感激を語っている。

連珠四段の実力があり[10]、2020年には連珠名人戦予選の東日本地区予選を通過。女性初のA級リーグ入りを果たした[11][12][13]。A級リーグでは3勝5敗1分の6位に終わった[14]

2019年、ペア連珠大会「第12期小林高一杯」に将棋棋士牧野光則と参加。同じ髪型での登場が話題となった。[15]

人物編集

  • 愛称は「ひえちゃん」「ぴえ」「ぴえこ」(いずれも旧姓から)。
  • 女流棋士時代、さまざまなデザインを手掛け、藤田の独特のデザインや色づかいは「ピエコデザイン」と呼ばれていた。

昇段履歴編集

  • 1996年4月 - 女流育成会入会
  • 1997年10月 - 女流2級
  • 2004年4月 - 女流1級
  • 2010年3月3日 - 引退(同時にLPSAを退会)

脚注編集

  1. ^ 藤田麻衣子(ふじたまいこ)”. 日本女子プロ将棋協会. 2009年2月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月22日閲覧。
  2. ^ 将棋がファム・ファタールだと思ってた藤田麻衣子さん(元女流棋士)が連珠に出会ってA級に入るまで(4)(松本博文) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年7月29日閲覧。
  3. ^ a b profile”. 藤田麻衣子. 2018年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月22日閲覧。
  4. ^ Positive de Go!」第6回(2007年11月2日)配信分。
  5. ^ LPSA選手の抱負(ペア将棋選手権 | LPSA)
  6. ^ ぴえぷろ2号店 2007-04-24の本人の記述より。また、第1回日レスインビテーションカップで配布されたパンフレットでの紹介でも言及されている。
  7. ^ 「Positivi de Go!」第6回配信分。ロゴマーク自体は西村潤デザイン。
  8. ^ 藤田麻衣子女流1級 引退と退会のお知らせ」(日本女子プロ将棋協会)
  9. ^ 第1期リコー杯女流王座戦アマ東・西日本予選大会
  10. ^ 公益社団法人 日本連珠社 @renju_sha
  11. ^ 連珠A級リーグは前期A級リーグ成績上位3人と地区予選通過者7人で名人挑戦権を争う。
  12. ^ 同名人戦予選では、藤田とペア連珠等で交流がある将棋棋士の牧野光則もA級リーグ入りをしている。
  13. ^ 主な棋戦:案内と最近の結果 - 公益社団法人日本連珠社
  14. ^ 第58期名人戦A級リーグ 2020年9月19日~21日
  15. ^ 多様性が魅力のペア連珠大会(松本博文) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年7月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集