藤野 岩友(ふじの いわとも、1898年11月14日 - 1984年5月28日)は、香川県生まれの中国文学者國學院大學名誉教授文学博士折口信夫の五博士のうちの一人である。楚辞の研究で知られる。主著は『巫系文学論』、『中国の文学と礼俗』など。

息子は幻想画家藤野一友(別名義で中川彩子[1]

略歴編集

  • 1898年(明治31年) - 香川県高松市中新町に生まれる。
  • 1917年(大正 6年) - 日本中学校卒業。
  • 1918年(大正 7年) - 國學院大學予科入学。
  • 1922年(大正11年) - 國學院大學国文科卒業。
  • 1924年(大正13年) - 大東文化学院高等科入学。
  • 1927年(昭和 2年) - 大東文化学院高等科卒業。
  • 1942年(昭和17年) - 國學院大學教授。
  • 1950年(昭和25年) - 「巫系文学小考―楚辞を中心として―」で文学博士の学位を受ける。
  • 1971年(昭和46年) - 折口博士記念古代研究所所長。
  • 1980年(昭和55年) - 國學院大學名誉教授。
  • 1984年(昭和59年) - 胃癌にて永眠。

著書編集

  • 『巫系文学論』 大学書房、1951年、増補版1969年
  • 『漢文学習叢書 漢詩』 旺文社、1957年
  • 楚辭』 「漢詩大系3」集英社、1967年、新装版「漢詩選3」1996年
  • 五雑俎』 明徳出版社「中国古典新書」、1972年、再版1993年
  • 『中国の文学と礼俗』 角川書店、1976年

参考文献編集

  • 阿部正路「魂兮帰来―藤野岩友先生追悼―」『芸能』第26巻第8号 1984年8月
  • 「藤野岩友博士略歴」『漢文学会々報』第30輯 1984年12月

脚注編集

  1. ^ 飯田豊一「『奇譚クラブ』から『裏窓』へ (出版人に聞く12)」聞き手小田光雄、論創社。P.160