血と砂 (宝塚歌劇)

血と砂』(ちとすな)は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。月組[1]公演。形式名は「バウ・ライブアパシオナード[1]」。2幕[1]。原作はブラスコ・イバニェス[1]同名の作品

公演期間と公演場所編集

解説編集

※宝塚100年史(舞台編)の宝塚バウホール公演[2]参考。

19世紀末のスペイン、ファンとブルタミスの兄弟は、マタドールへの夢を叶えるために友人のチリーパと共にピルパオに向かうが、明日のスターを目指す勝ち抜き戦の闘牛興行で、二人の運命は大きく分かれてしまう。闘牛士の栄光と挫折に恋愛を絡めて、宝塚的にドラマティックに描き、モダンアート的な要素をふんだんに取り入れ、スタイリッシュに展開する。

スタッフ編集

出演者編集

主な配役編集

  • ファン・ガルラード - 汐美真帆[1]
  • プルミタス・ガルラード - 大空祐飛[1]
  • ドンニャ・ソル - 西條三恵[1]
  • カルメン・マグダレーニャ - 椎名葵[1]
  • フェリシア・ロドリーニョ - 美々杏里[1]
  • ガラベエトオ - 楠恵華[1]
  • ペスガデロ - 磯野千尋[1]
  • グァルディオラ刑事 - 嘉月絵理[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク編集