メインメニューを開く

西浜町(にしはまちょう)は、かつて大阪府西成郡にあった町。現在の大阪市浪速区の一部にあたる。

にしはまちよう
西浜町
廃止日 1897年4月1日
廃止理由 編入合併
(大阪市第一次市域拡張)
現在の自治体 大阪市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
西成郡
隣接自治体 西成郡木津村難波村川南村
西浜町役場
所在地 大阪府西成郡西浜町
 表示 ウィキプロジェクト

目次

歴史編集

もとは渡辺津付近に居住していた住民たちが数度の移転を経て、1701年元禄14年)から1706年宝永3年)にかけて西成郡木津村の西部に移転し、西成郡渡辺村(わたなべむら)が成立した。また、移転完了と同時に渡辺村の耕作地として、七瀬川右岸の月正島の南縁に西成郡七瀬新田(ななせしんでん。七瀬新地とも)も成立した。なお、渡辺村・七瀬新田が成立する直前には、河村瑞賢によって木津川の改修および十三間堀川の開削が行われている。

江戸時代を通じて渡辺村は大坂三郷天満組の付属地で、1724年享保9年)の大火で消火活動の功績があったことから長らく消防役を担っていた。また、皮革産業が盛んで、現在も和太鼓の製造が行われている。

沿革編集

  • 1706年宝永3年) 西成郡渡辺村・七瀬新田が成立。
  • 1871年明治4年) 大阪西大組(のち第3大区)に所属。
  • 1872年(明治5年) 渡辺村が藻刈町・野上町・霧島町・菜摘町・千里町・入江町・穂波町・洲先町・栄町となる。
  • 1873年(明治6年) 七瀬新田が七瀬町となる。
  • 1879年(明治12年) 郡区町村編制法施行により、区部から分離されて西成郡に所属。
  • 1887年(明治20年) 西成郡藻刈町・野上町・霧島町・菜摘町・千里町・入江町・穂波町・洲先町・栄町・七瀬町が合併して、西成郡西浜町となる。
  • 1889年(明治22年)4月1日 西成郡西浜町単独で町村制施行。
  • 1897年(明治30年)4月1日 大阪市第1次市域拡張により南区へ編入される。

参考文献編集

関連項目編集