メインメニューを開く

昼飯線(ひるいせん)は、かつて岐阜県大垣市美濃赤坂駅から昼飯駅までを結んでいた西濃鉄道鉄道路線である。

昼飯線
昼飯駅駅舎(2006年8月)
昼飯駅駅舎(2006年8月)
概要
現況 廃止
起終点 起点:美濃赤坂駅
終点:昼飯駅
駅数 3駅
運営
開業 1928年12月17日 (1928-12-17)
廃止 2006年 (2006)
所有者 西濃鉄道
使用車両 西濃鉄道#車両を参照
路線諸元
路線総延長 1.9 km (1.2 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STR
市橋線
STR
JR海東海道本線美濃赤坂支線
KBHFaq ABZql+l
0.0 美濃赤坂駅
KDSTaq xABZgr
西濃鉄道機関庫
exSTR
昼飯線
exKDSTaq exABZr+r
1.1 美濃大久保駅
exDST
1.9
0.0*
昼飯駅
exKBSTe
0.5* 採掘場

市橋線と同じく東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の支線美濃赤坂線の美濃赤坂駅を起点とする貨物線であった。美濃赤坂駅構内の大垣方から分岐している。途中駅の美濃大久保駅スイッチバック式の配線になっている。敷設目的である石灰石輸送はトラックベルトコンベア輸送への切り替えが進んだため年々輸送量が減り、1983年9月に定期列車の運行が休止された。以降は不定期列車が年に数回程度運行されていたが、1990年頃から昼飯線各駅からの出荷はない。列車は既に運行されなくなり、踏切だった箇所を含めて一部はレールが撤去されているものの、運行休止扱いだったため美濃大久保駅、昼飯駅構内を含む大部分ではレールは剥されずに残存していた。2006年に正式に廃止され、2015年頃からは駅間の線路の撤去作業が始まっている。

目次

路線データ編集

運行形態編集

貨物輸送が1983年9月でトラック、コンベア輸送に切り替えられた後は不定期列車が年に数回程度運行されていたが、1989年頃から列車の設定は一切無くなっていた。ただし、廃止日までレールの錆び取り目的のために運行ダイヤだけは残っていた。

歴史編集

駅一覧編集

 
美濃大久保駅構内。荷役用ホームが残存する(2008年12月)

括弧内は起点からの営業キロ。美濃赤坂駅を除きすべて廃駅。

美濃赤坂駅 (0.0km) - 美濃大久保駅 (1.1km) - 昼飯駅 (1.9km)

接続路線編集

美濃赤坂駅:市橋線・JR東海東海道本線美濃赤坂線

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1926年12月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年12月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社、2008年、40頁。ISBN 978-4-10-790025-8

関連項目編集

外部リンク編集