メインメニューを開く

西表(いりおもて)は、沖縄県八重山郡竹富町八重山列島西表島西部に位置する。2019年1月31日現在の人口は458人[1]郵便番号907-1542。

西表
字西表の南西部 手前が白浜、右手の島が内離島。 その奥に船浮湾を挟んで船浮が見える。
字西表の南西部
手前が白浜、右手の島が内離島。
その奥に船浮湾を挟んで船浮が見える。
北緯24度21分0秒 東経123度46分0秒 / 北緯24.35000度 東経123.76667度 / 24.35000; 123.76667
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 沖縄県
八重山郡
市町村 竹富町
人口
2005年(平成17年)3月31日現在)
 • 合計 459人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
907-1542

地理編集

字西表は、祖納集落を中心とする広範な地域であり、陸路での移動が困難な船浮集落や、定住者の存在しない内離島外離島を含んでいる[2]。地区別の人口は以下のとおり[1]

  • 祖納 - 142人
  • 干立(星立) - 125人
  • 白浜 - 145人
  • 舟浮(船浮) - 46人

歴史編集

遅くとも14世紀頃には祖納に集落が形成されていた。18世紀前半の琉球王国時代には、祖納に西表村・慶太城村の2箇村を管轄する番所が置かれていたが後に南部の網取鹿川波照間島から島民を強制移住させた開拓村である崎山へ割譲。同時に慶太城村を「西表村」と改称し、元の西表村は上原を中心とする「上原村」に改称された。

太平洋戦争終結の前後まで、内離島と外離島では西表炭坑の採掘が行われていた。

交通編集

道路
港湾

県道215号は旧小字白浜で途切れており、船浮へは船浮海運が白浜港-船浮港間で運航する定期航路で移動する。

祭事編集

祖納と干立では伝統行事として、毎年10月に節祭が開催される[3]

施設編集

史跡編集

  • 新盛家住宅 - 沖縄県指定文化財。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 竹富町地区別人口動態票”. 竹富町. 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ 内離島と外離島は太平洋戦争の終結後は定住者がおらず実態としては無人島である。外離島には真珠の養殖場が在り2000年の時点で1名が島内に住所を置いていた。
  3. ^ “500年誇る伝統行事「節祭」をたんのう 西表祖納・干立”. 八重山毎日新聞. (2010年10月18日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/16990/ 2011年3月6日閲覧。