メインメニューを開く

西鈴蘭台駅

日本の兵庫県神戸市北区にある神戸電鉄の駅

西鈴蘭台駅(にしすずらんだいえき)は、兵庫県神戸市北区北五葉一丁目にある、神戸電鉄粟生線[1]。駅番号はKB42

西鈴蘭台駅
駅舎
駅舎
にしすずらんだい
NISHI-SUZURANDAI
KB41 鈴蘭台西口 (0.5km)
(1.7km) 藍那 KB43
所在地 神戸市北区北五葉一丁目1-1[1]
駅番号 KB42
所属事業者 神戸電鉄
所属路線 粟生線
キロ程 1.3km(鈴蘭台起点)
湊川から8.8km
新開地から9.2km
駅構造 地上駅[1]
ホーム 相対式2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
4,482人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1970年昭和45年)6月5日[1]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1970年昭和45年)6月5日 - 粟生線の鈴蘭台西口 - 藍那間に新設開業[1]
  • 1992年平成4年)12月から全面改装を行い、5月11日に完成。トイレを改築し、車椅子対応やベビーチェア・ベビーシートなどを整えた。
  • 2001年(平成13年)3月 - 1・2番線廃止[1]
  • 2017年(平成29年)3月25日 - ダイヤ改正に伴い、昼間時間帯の当駅折り返し列車が復活(藍那駅付近の折り返し設備を利用)。

駅構造編集

相対式2面2線のホームを持つ地平駅[1]。鈴蘭台寄り単線・志染寄り複線の行違い駅でもあり、ホーム有効長は5両。駅舎は3番ホーム粟生寄りにあり、4番ホームへは跨線橋で連絡している[1]

かつての西鈴蘭台駅は3面4線で、1、2番線(ホーム有効長 1番線4両、2番線6両)は新開地からの終着線であったが廃止され、駐車場に改築されている[1]。現在は、3番線から西鈴蘭台発の折返し電車が出ている。

2017年3月のダイヤ改正で昼間時間帯の当駅発着の列車が設定されたが、この列車は直接折り返さずに、1駅粟生方の藍那駅の留置線(列車によっては見津車庫)まで回送される。(一部列車を除く)

沿線光ネットワーク接続の駅務遠隔システムが導入されており、センター駅から自動券売機、自動改札機、自動精算機、TVカメラ、インターホン、シャッターが遠隔操作される。そのため駅員巡回駅となっているが、駅舎があり係員が居る事が多いという現状があり、実用上では有人駅同然となっている。

のりば編集

3 粟生線 (下り) 木幡押部谷志染恵比須三木小野粟生方面
(上り) 鈴蘭台湊川新開地方面
4 粟生線 (上り) 鈴蘭台湊川新開地方面

駅周辺編集

南側(3番線・粟生方面)しか改札が無い為、駅北側へは神鉄食彩館横の跨線橋を渡る。(4番線からだと大回り)

接続バス路線編集

  • 阪急バス
    • 151系統:(ひよどり台北町経由)神戸駅前行
    • 150系統 (病院前経由)神戸駅前行
    • 158系統 谷上駅
    • 158系統 病院前行
  • 神鉄バス
    • 星和台・西鈴蘭台駅前線:星和台巡回
    • 中央病院線:(東山団地経由)中央病院前行
    • 君影団地線:君影団地巡回

神鉄バスの方向幕は、鈴蘭台駅行きとの混同を防ぐため「西」の字を赤くしている。また、一部の路線では「西鈴駅前」と略されている。

利用状況編集

神戸市統計書よると、2017年度の1日平均乗車人員4,482人である。

年度 1日平均
乗車人員
2005年 5,995
2006年 5,833
2007年 5,581
2008年 5,385
2009年 5,121
2010年 5,030
2011年 5,222
2012年 5,011
2013年 5,060
2014年 4,871
2015年 4,598
2016年 4,523
2017年 4,482

隣の駅編集

神戸電鉄
粟生線
快速
鈴蘭台西口駅 (KB41) - 西鈴蘭台駅 (KB42) - 押部谷駅 (KB47)
急行
鈴蘭台西口駅 (KB41) - 西鈴蘭台駅 (KB42) - 木幡駅 (KB45)
準急・普通
鈴蘭台西口駅 (KB41) - 西鈴蘭台駅 (KB42) - 藍那駅 (KB43)
※新開地方の隣駅「鈴蘭台西口駅」とは0.5kmしかなく、粟生線で最も駅間が短い。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、184頁。ISBN 9784343006745

関連項目編集

外部リンク編集