見光院(けんこういん、文政2年(1819年) - 天保14年8月15日1843年9月8日))は、江戸時代の女性で、12代将軍・徳川家慶側室。俗名は

生涯編集

江戸京橋の菓子屋・風月堂の娘という説があり、後に幕臣・竹本安芸守沢右衛門の養女となる。その後、大奥に入り、家慶の寵愛を受ける。

天保4年(1833年)に七女・里姫、天保7年(1836年)に九女・吉姫、天保10年(1839年)に十女・万釵姫を出産するが、いずれも夭折した。

天保14年(1843年)8月15日(9月14日とも)に十一男・照耀院を出産するが、難産であったため、同日のうちに照耀院と共に死去。墓所は東京都港区増上寺。戒名は見光院即得無生大姉。

参考文献編集