諏訪湖博物館(すわこはくぶつかん)は、長野県諏訪郡下諏訪町西高木の諏訪湖畔にある下諏訪町立の博物館。館内に赤彦記念館(あかひこきねんかん)を併設している。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 諏訪湖博物館・赤彦記念館
Municipal Suwako museum and Shimaki Akahiko memorial museum.jpg
施設情報
専門分野 諏訪湖島木赤彦を中心とした明治大正期の短歌
事業主体 下諏訪町
建物設計 伊東豊雄
開館 1993年平成5年)6月15日(現在地での開館)
所在地 長野県諏訪郡下諏訪町西高木10616-111
位置 北緯36度4分2秒 東経138度6分3秒 / 北緯36.06722度 東経138.10083度 / 36.06722; 138.10083座標: 北緯36度4分2秒 東経138度6分3秒 / 北緯36.06722度 東経138.10083度 / 36.06722; 138.10083
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
地図

概要編集

1952年昭和27年)に諏訪大社下社秋宮境内に、下社の宝物館と建物を共用する形で開館し、1971年昭和46年)に高浜へ移転して独立した博物館となった。 1993年平成5年)6月15日に下諏訪町の町制100周年記念事業の一環として西高木へ再移転された。

1階には特別展・企画展が催される特別展示室が、 2階には「諏訪湖と人々のくらし」をメインテーマとして諏訪湖に関するさまざまな資料を展示した諏訪湖展示室と、 下諏訪町出身のアララギ派の歌人島木赤彦に関する資料を展示した赤彦展示室がある。御神渡りの資料や諏訪大社神長官守矢家に伝わった武田信玄の法性兜の展示などで知られる。

博物館の駐車場脇に地元下訪町出身の彫刻家大和作内 による「島木赤彦先生像」や「下駄スケート発祥の地の像」が設置されている。

利用案内編集

開館時間

  • 9時00分~17時00分(定休日・月曜日)

交通アクセス

分館編集

関連項目編集

外部リンク編集