諸葛 攀(しょかつ はん、生没年不詳)は、中国三国時代蜀漢、のちにの武将。徐州琅邪郡陽都県(現在の山東省臨沂市沂南県)の出身。祖父は諸葛瑾。父は諸葛喬。子は諸葛顕。伯父は諸葛恪

生涯編集

父は若くして亡くなったので、祖父の弟である諸葛亮の養育を受けた。成人すると従叔父の諸葛瞻と共に蜀漢に仕え、行護軍・翊武将軍(5品官)まで昇った。

諸葛恪ら呉の諸葛氏が誅殺された後に、諸葛瑾の末裔の身分を回復した。いつ亡くなったかは記されていない。

子はそのまま蜀漢に仕え、蜀漢の滅亡後の咸熙元年(264年)に、諸葛瞻の次男の諸葛京と共に河東へ移されたという。

家系図編集

諸葛豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛珪諸葛玄龐徳公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛瑾諸葛亮諸葛均
 
龐山民龐統龐林諸葛誕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛恪諸葛喬諸葛融諸葛瞻諸葛懐諸葛望龐宏諸葛靚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛攀諸葛尚諸葛京諸葛質諸葛恢
 
 
諸葛顕

参考文献編集