諸葛珪

後漢の政治家

諸葛 珪[1](しょかつ けい、生没年不詳[2])は、後漢末期の政治家君貢[3]。弟は諸葛玄。子に蒯祺中国語版室・龐山民室・諸葛瑾諸葛亮諸葛均がいる。

生涯編集

後漢末期に泰山郡丞に任命されたが、間もなく没した。このため息子の諸葛亮と諸葛均は弟の諸葛玄に養われた。

家族編集

兄弟編集

子女編集

家系図編集

諸葛豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛珪諸葛玄龐徳公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛瑾諸葛亮諸葛均
 
龐山民龐統龐林諸葛誕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛恪諸葛喬諸葛融諸葛瞻諸葛懐諸葛望龐宏諸葛靚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛攀諸葛尚諸葛京諸葛質諸葛恢
 
 
諸葛顕

後裔編集

朝鮮氏族南陽諸葛氏南陽葛氏の始祖とされる[4][5]

脚注編集

  1. ^ 張澍『諸葛忠武侯文集』故事諸葛篇が引く『雜記』によると、「諸葛硅」または「諸葛矽」と記されている。
  2. ^ 同じく『諸葛忠武侯文集』故事諸葛篇が引く『雜記』によると、187年没と記されている。
  3. ^ 帝京大学教授の尾崎康が引用する『九路本儒学刊十七史』(大徳10年刊行の池州路儒学刊本)によると、子貢と記されている。
  4. ^ 제갈씨(諸葛氏) 본관(本貫) 남양(南陽)입니다.”. www.findroot.co.kr. 2022年7月6日閲覧。
  5. ^ 갈씨(葛氏) 본관(本貫) 남양(南陽)입니다.”. www.findroot.co.kr. 2022年7月6日閲覧。

参考文献編集