メインメニューを開く

警視長(けいしちょう、英称:Commissioner)は、警察法第62条に規定される日本の警察官階級の一。上から3番目。警視監の下、警視正の上。

階級の位置と役割編集

警視長の階級は、警察法第62条に規定され、上位には警視総監警視監があり、下位には警視正警視警部警部補巡査部長及び巡査巡査長含む)が定められている。

任官編集

国家公務員試験(I種試験)に合格し警察庁へ採用された、いわゆる「キャリア組」の警察官は採用22年目辺りで勤務成績優秀者から順次昇任する。

都道府県警察に地方公務員(ノンキャリア)として採用された後、推薦により警察庁に国家公務員として中途採用された警察官(いわゆる推薦組)も昇任することがある。また、警視庁および一部の大規模道府県警察でも、いわゆる「地元組」のトップが昇任することがある。ノンキャリア警察官の最高階級とされているが、実際に昇任できるのはごくわずかである。

役職編集

その他編集

  • 階級章は横板と両側の桜葉すべて金色であり、両外側2本である。
  • 警察内部では“なが”と呼称されることもある[1]

脚注編集

  1. ^ 『刑事捜査バイブル』相楽総一 編、北芝健 監修、双葉社、91ページ、ISBN 978-4-575-30368-1

外部リンク編集