メインメニューを開く

谷衛弼

谷 衛弼(たに もりのり)は、丹波山家藩の第12代藩主

 
谷 衛弼
時代 江戸時代後期
生誕 文政5年12月3日1823年1月14日
死没 安政2年11月25日1856年1月2日
官位 従五位下播磨
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定
丹波山家藩
氏族 本多氏谷氏
父母 父:本多康禎
養父:谷衛昉
兄弟 本多康融朽木綱張衛弼本多康穣植村家保
正室谷衛昉の娘
養子:衛滋
養女:養女(衛滋正室。衛昉の娘)

生涯編集

近江膳所藩主・本多康禎3男。正室は第11代藩主・谷衛昉の娘。

弘化2年(1845年9月5日、養父の衛昉が隠居したため、跡を継いだ。同年9月15日、将軍・徳川家慶に拝謁した。同年12月16日、従五位下播磨守に叙任した。安政2年(1855年)11月25日に34歳で死去し、跡を正室の妹婿の衛滋が継いだ。