メインメニューを開く

豊岡梅ヶ島林道

日本の山梨県南巨摩郡身延町から静岡県静岡市を結ぶ林道
山梨県側(2010年6月)
切り通し(2010年6月)
静岡県側(2010年6月)

豊岡梅ヶ島林道(とよおかうめがしまりんどう)は、山梨県南巨摩郡身延町大城から静岡県静岡市葵区梅ヶ島を結ぶ林道である。山梨県・峡南林務環境事務所および静岡市・商工部が管理する。

総延長約22kmであり、赤石山脈白峰南嶺南端の安倍峠によって両県を結ぶ。静岡県側の終点は安倍川の源流にあたる梅ヶ島温泉であるが、全線を通して狭隘な道が続くため、アクセス路として用いられることは少ない。

舗装化されており、頂上部には林道開通の記念碑が建つ。

2011年に発生した台風15号による大雨のため、法面崩落や路肩決壊があり、山梨県側の大部分で通行止めとなっていたが、2018年10月19日に7年ぶりに全面開通した[1]

目次

接続路線編集

関連項目編集

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ 【保存版】林道豊岡梅ヶ島線の情報”. 梅ヶ島温泉公式サイト (2018年10月18日). 2018年10月19日閲覧。

外部リンク編集

  • 山梨県側(山梨県・県営林道通行規制情報)
  • 静岡県側(山梨県・県営林道通行規制情報)