メインメニューを開く
夫婦岩としめ縄
ライトアップされた夫婦岩

豊後二見ヶ浦(ぶんごふたみがうら)は、大分県佐伯市上浦(旧南海部郡上浦町)の日豊海岸国定公園内にある海岸である。佐伯市の名勝に指定されている。[要出典]

概要編集

高さ17mの男岩と高さ10mの女岩が、長さ65m、直径最大75cm、重さ2tのしめ縄で結ばれている夫婦岩で有名。このしめ縄の長さは日本一で、1994年にはギネスブックにも掲載されている[1][2]

初日の出の名所として有名であり、毎年12月の第2日曜日には新年に備え住民によってしめ縄が架け替えられる。元旦には、甘酒等が振る舞われる。年末から年始にかけてはライトアップも行われる[1]。また、毎年3月3日前後と10月10日前後には、夫婦岩の間の中央から日が昇る様子を見ることができる[3][4]

しめ縄は、1969年(昭和44年)に地元の野球チームが地域の協力へのお礼として始めたもので、その後、豊後二見ヶ浦事業実行委員会に引き継がれた[2]

テレビ大分ではアナログ放送時、放送終了時の映像に使用していた。[要出典]

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 豊後二見ヶ浦 佐伯市観光大百科(佐伯市観光協会)
  2. ^ a b 豊後二見ヶ浦 佐伯市観光協会上浦支部
  3. ^ 豊後二見ヶ浦に最高のスリーショット 大分合同新聞、2009年3月2日
  4. ^ 豊後二見ヶ浦 佐伯市観光大百科(佐伯市観光協会)
  5. ^ 豊後二見ヶ浦しめ縄張り替え 全国観るなび 佐伯市 (日本観光振興協会)

関連項目編集

外部リンク編集