メインメニューを開く

豊田 友直(とよだ ともなお、文化2年(1805年) - 明治3年(1870年)は、江戸時代後期の旗本久須美祐明の3男。祐雋祐義の弟、祐利の兄。子に杉浦梅潭正室、友文、杉浦梅潭継室、久須美祐温室。通称は藤之進。小普請組の豊田藤太郎の養子となった。

文化14年(1817年)、豊田家の家督を継いで小普請組へ入り、しばらく評定所に勤務していたが、天保10年(1839年)、飛騨郡代に任命され、飛騨へ赴任した。在任中は飢餓対策、物価対策に追われ、備蓄貯蓄制度や物価引下げ、飛騨御林山の植林奨励、人足寄場の構想に努めた。天保11年(1840年)に尾張から陶工戸田柳造を招き、陶磁器を作らせた。これは後の渋草焼の元となった。

弘化2年(1845年)、江戸城二の丸の留守居に異動、江戸へ戻った。以後は先手弓頭、火付盗賊改方加役、持筒頭や旗奉行を歴任、元治元年(1864年)に病気で隠居、明治3年(1870年)に死去。享年66。

飛騨郡代の事務引継ぎにあたって飛騨に関する引継ぎ書類を残し、飛騨郡代在任から死の前年まで『豊田友直日記』を書き著した。また、甥の杉浦梅潭に娘を娶わせたり(長女と次女はそれぞれ梅潭の正室と継室)、幕臣登用まで梅潭の面倒を見たり、父や兄弟達と手紙のやり取りをしていた。これらの行動は久須美家の交流を絶やさないようにする配慮であり、情報交換で社会情勢を読み取ろうとする意志が窺える。

経歴編集

参考文献編集