豊野奄智
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 延暦3年6月5日784年6月26日
改名 奄智王→豊野奄智
官位 従四位下中務大輔
主君 淳仁天皇称徳天皇光仁天皇桓武天皇
氏族 豊野真人
父母 父:鈴鹿王
兄弟 出雲篠原尾張奄智五十戸
テンプレートを表示

豊野 奄智(とよの の あんち/えんち)は、奈良時代皇族貴族。初名は奄智王臣籍降下後の氏姓豊野真人知太政官事鈴鹿王の四男。官位従四位下中務大輔

経歴編集

「奄智」の名前は、天平勝宝2年(750年)2月24日付の官奴司にある「奄智村」(大和国城下郡あるいは山辺郡。現在の奈良県天理市庵治町付近)[1]によるものだと推定される[2]

天平宝字元年(757年)他の兄弟と共に豊野真人姓を与えられて臣籍降下する。

天平宝字8年(764年藤原仲麻呂の乱後に行われた叙位により、従五位下直叙される。天平神護2年12月(767年1月)従五位上、翌年2月に図書頭に叙任される。神護景雲4年(770年称徳天皇崩御した際に、父・鈴鹿王の旧宅を陵墓にすることになり、鈴鹿王の子息が叙位を受け、奄智は正五位下に叙せられる。

宝亀2年(771年大判事次いで兵部大輔に任ぜられる。宝亀3年(772年出雲守として地方官に転じるが、宝亀7年(776年)兵部大輔に再任する。

宝亀9年(778年右中弁に任ぜられると、宝亀10年(779年)正五位上、天応元年(781年)従四位下と光仁朝末から桓武朝初頭にかけて続けて昇叙される。同年摂津大夫に叙任され、光仁天皇崩御の際は装束司を務める。延暦2年(783年)中務大輔に任ぜられる。

延暦3年(784年)6月5日卒去。最終官位は中務大輔従四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 『大日本古文書』巻3 - 362頁
  2. ^ 岩波書店『続日本紀』補注20 - 四一
  3. ^ ユリウス暦では782年1月

参考文献編集