メインメニューを開く

貞愛親王妃利子女王(さだなるしんのうひ としこじょおう、安政5年5月21日1858年7月1日) - 昭和2年(1927年10月24日)は、江戸時代幕末から昭和にかけての皇族。父は有栖川宮幟仁親王

伏見宮貞愛親王妃 利子女王
HIH Fushimi Toshiko.jpg
1882年頃
身位 女王親王妃
敬称 殿下
出生 1858年7月1日
京都
死去 1927年10月24日
配偶者 伏見宮貞愛親王
子女 邦芳王
昭徳王
父親 有栖川宮幟仁親王
母親 森則子
テンプレートを表示

人物編集

有栖川宮幟仁親王の四女。母は家女房・森則子。

文久3年(1863年)10月、尾張藩主・徳川義宜と縁組。

慶応4年(1868年)8月26日に正五位下に叙され、同月27日に京都御所で行われた明治天皇即位礼において褰帳女王を勤めた。

明治8年(1875年)11月、婚約者の徳川義宜が病没。

明治9年(1876年)4月8日、伏見宮貞愛親王との縁組が勅許される。同年9月2日、結納。同年10月6日、結婚。貞愛親王との間に邦芳王昭徳王を儲けた。

日露戦争では兵卒のために伏見宮御殿を宿舎にあてさせ手厚くもてなし、軍人の妻にふさわしい賢明な振舞いを見せた。

昭徳王が1歳半で夭折したことにより精神を病んだという[1][2][3]

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 直球感想文 和館 伏見宮家 その2 - 原著「貞愛親王事蹟」伏見宮家 1931年(昭和6年)[リンク切れ]
  2. ^ 『親王・諸王略傳』[リンク切れ]
  3. ^ 貴人の黄昏 ―旧皇族家の人々― 伏見宮/利子妃母子の精神錯乱[出典無効]
  4. ^ 『官報』第1605号、「叙任及辞令」、明治21年11月02日

外部リンク編集