メインメニューを開く

邦芳王(くにかおう、1880年明治13年)3月18日 - 1933年昭和8年)6月1日)は、明治から昭和にかけての皇族。父は伏見宮貞愛親王、母は利子女王有栖川宮幟仁親王第四王女)。伏見宮邦芳王と通称することもある。

邦芳王
身位
敬称 殿下
His Imperial Highness
出生 1880年3月18日
死去 (1933-06-01) 1933年6月1日(53歳没)
父親 伏見宮貞愛親王
母親 利子女王
役職 貴族院議員
テンプレートを表示

正嫡の子であることから伏見宮を継承する予定であったが、病弱であったため、1904年明治37年)、異母兄で華頂宮を継承していた華頂宮博恭王が伏見宮に復籍し、伏見宮を継承した。1900年(明治33年)から薨去する1933年(昭和8年)まで貴族院議員。

外部リンク編集