貴方を愛しつづけて」 (あなたをあいしつづけて、Since I've Been Loving You) は、イギリスロックバンド、レッド・ツェッペリンの楽曲。1970年、彼らの第3作アルバムレッド・ツェッペリン III 』のA面4曲目に収められて発表された。作詞作曲は、ジョン・ポール・ジョーンズジミー・ペイジ、及びロバート・プラントレコードでの演奏時間は7分20秒余。

貴方を愛しつづけて
レッド・ツェッペリン楽曲
収録アルバム レッド・ツェッペリン III
リリース 1970年10月5日
録音 1970年
アイランド・スタジオ
ジャンル ブルースロック
時間 7分23秒
レーベル アトランティック
作曲者 ジョン・ポール・ジョーンズ
ジミー・ペイジ
ロバート・プラント
プロデュース ジミー・ペイジ

祭典の日
(3)
貴方を愛しつづけて
(4)
アウト・オン・ザ・タイルズ
(5)

概要編集

マイナーキーのスローなブルースナンバー。全体の曲想、及び歌詞に関して、モビー・グレイプの楽曲「Never」との類似を指摘する声もある。

『レッド・ツェッペリン III』収録曲の中で最も早くからリハーサルされていたが、ヘッドリィ・グランジでは良い音色が得られず、セッションの終盤、アイランド・スタジオでようやく録音された。このテイクは、ギターソロを除いて、スタジオライヴの形で一発録りされた。

プラントの広い声域を縦横に駆使したヴォーカル、ペイジのドラマティックなギターが強烈に印象に残る曲である。中間部のギターソロについて、レコーディング・エンジニアのテリー・マニングは「ロック史上最高のギターソロ」と評しており、スティーヴ・ルカサーも「最も尊敬するプレイ」と賞賛している。B'z稲葉浩志も、一番好きな楽曲に挙げている[1]

デジタルリマスターが行われるようになった80年代末以降においても、バスドラムのペダルが発生源であるノイズが完全には除去出来ず、エンジニアを苦しめている。

ステージ・パフォーマンス編集

1970年1月のイギリスツアーで試奏され、以後、基本的にレッド・ツェッペリンの全てのツアーでセットリストにあった。1973年北米ツアーでは「ミスティ・マウンテン・ホップ」から続くメドレーとして演奏された。1975年にはペイジの怪我の影響もあってほとんど演奏されなかったが、1977年以降はレパートリーに復帰している。

この曲は、レッド・ツェッペリンのカタログ中、聴衆から最も歓迎された曲の一つであり、コンサートではしばしば、ペイジが最初の一音を弾いた瞬間、何の曲かを悟った観客が大喝采するという光景が見られた。

レッド・ツェッペリン解散後も、プラントのソロツアーや「ペイジ&プラント」のステージで演奏されている。そして2007年、O2アリーナでの再結成ギグでもコンサート中盤に演奏された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ B'zの会報誌「be with! vol.97」より

参考文献編集

『レッド・ツェッペリン全曲解説』デイヴ・ルイス著 福田美環子訳 シンコー・ミュージック刊