座標: 北緯35度18分22秒 東経136度44分12秒 / 北緯35.3060度 東経136.7367度 / 35.3060; 136.7367

起宿(おこしじゅく)は、美濃路宿場である。現在の愛知県一宮市起(おこし)にある。

木曽川沿いにあり尾張国美濃国の境にあたる。木曽川に設けられた起渡船場は、上の定渡船場、中の宮河戸、下の船橋河戸の3ヶ所の渡し船が設置されていた。船橋河戸には、将軍上洛時と朝鮮通信使が通る時に、270隻の船を使用した長さ約800mの船橋が架けられた。

最寄り駅編集

近くに鉄道駅はない。強いて挙げるなら名鉄尾西線 奥町駅

最寄バス停は名鉄バス起バス停(名鉄一宮駅よりバスがある)。

かつては八幡町駅新一宮駅西)~起駅の間に、路面電車名鉄起線)が運行されていた。乗客数が増加したものの、複線化などの輸送力増強が敷地や予算の問題で難しかったことにより、1953年昭和28年)に廃止された。

史跡・みどころ編集

隣の宿編集

美濃路
萩原宿 - 起宿 - 墨俣宿

※ 起宿と墨俣宿の間の南宿村(現・羽島市足近町南宿)には、間の宿が設置されていた。

関連文献編集

  • 宮川充史「参勤交代における美濃路利用 : 美濃路起宿の事例から」『交通史研究』第80巻、交通史学会、2013年、 90-105頁、 doi:10.20712/kotsushi.80.0_90

関連項目編集