メインメニューを開く

林 英夫(はやし ひでお、1920年12月10日 - 2007年2月5日)は、日本歴史家(日本史)。立教大学名誉教授。

はやしひでお
林英夫
生誕 1920年12月10日
愛知県中島郡(現一宮市
死没 2007年2月5日
国籍 日本の旗 日本
出身校 立教大学文学部史学科
職業 教師歴史家

織物業史・農村工業史を専門とし、マニュファクチュア論争に大きな影響を与える。『豊島区史』などの自治体史編纂にも従事した他、古文書解読字典の編纂など、近世古文書学にも通じる。

目次

略歴編集

愛知県中島郡(現在の一宮市)生まれ。生家は美濃路起宿脇本陣立教大学文学部史学科卒業。兵役後、本郷高等学校に勤務。1951年開成高等学校に転じ、文部省検定の教科書を使わずに、手作りの「開成日本史」を活用した[1]1955年立教大学専任講師となり、助教授、教授。1965年「近世農村工業史の基礎過程 濃尾縞木綿織物史の研究」で立教大学文学博士[2]1985年定年退職、名誉教授、東京家政大学文学部教授、日本福祉大学知多半島総合研究所客員教授などを務めた。

地方史研究協議会会長など、日本史学会の要職を経て、1975年から2006年まで朝日カルチャーセンターで講師を務めた。

著書編集

  • 『近世農村工業史の基礎過程 濃尾縞木綿織物史の研究』青木書店、1960年
  • 『在方木綿問屋の史的展開』塙選書、1965年
  • 秤座』吉川弘文館・日本歴史叢書、1973年
  • 『絶望的近代の民衆像 地方主義の復権』柏書房、1976年
  • 豊島区の歴史』東京にふる里をつくる会編 名著出版 東京ふる里文庫 1977
  • 『ロシアを見てきた三芳の兵士』三芳町教育委員会 みよしほたる文庫 1989

共編著編集

  • 『守随家秤座文書』浅見恵共編 新生社 1967
  • 『地方史研究の方法』木村礎共編 新生社、1968年
  • 『近代民衆の記録 4 流民』編 新人物往来社 1971
  • 『ものいわぬ群れ 地方史物語 西国篇/東国篇』編 新人物往来社 1971
  • 『近世古文書解読字典』柏書房、1972年
  • 『番付集成』芳賀登共編 柏書房、1973年
  • 『文献資料整理の実務』編 柏書房 地方史マニュアル 1974
  • 『市町村史等刊行の実務』児玉幸多共編 柏書房 地方史マニュアル 1975
  • 『入門近世文書字典』中田易直共編 柏書房 1975
  • 『地方史の思想と視点』児玉幸多, 芳賀登共編 柏書房 地方史マニュアル 1976
  • 『近世文書の解読』田畑勉共編 柏書房 1978
  • 『幕藩制から近代へ』山田昭次共編 柏書房 1979
  • 『古文書の語る日本史 7 江戸後期』編 筑摩書房 1989
  • 『古文書に学ぶ日本史』編 名著出版 1991
  • 『馬の文化叢書 第4巻 近世 馬と日本史3』編 馬事文化財団 1993
  • 『基礎古文書のよみかた』監修 柏書房、1998年
  • 『音訓引古文書大字叢』監修 柏書房、1999年
  • 『地方史研究の新方法』木村礎共編 八木書店 2000
  • 『解読近世書状大鑑』監修 柏書房、2001年
  • 『春画・江戸ごよみ 夏の巻』吉原健一郎岡田芳朗白倉敬彦共著 作品社 2001
  • 『事典しらべる江戸時代』青木美智男と編集代表 柏書房 2001
  • 『番付で読む江戸時代』青木美智男共編 柏書房 2003

参考文献編集

  • 「林英夫先生の略歴と著作略目録」『史苑』第47巻第1号 1987 pp.57-61.
  • 林英夫先生お別れの会事務局編 『林英夫先生を偲んで』 林英夫先生お別れの会事務局、2007年。 NCID BA81588820 

脚注編集

  1. ^ 林英夫「わたくしの履歴書」(林英夫先生お別れの会事務局 2007, pp. 5-11)
  2. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2018年2月9日閲覧。