趙 汝适(ちょう じょかつ、拼音: Zhào Rǔkuò乾道6年3月24日[1]1170年4月12日) - 紹定4年7月12日[1]1231年8月11日))は、中国南宋代の官僚・著述家。

北宋太宗の八世孫にあたる。玄祖父は英宗の実弟の趙宗治。高祖父は趙仲忽。

孝宗治世下の乾道6年(1170年)に台州天台県に生まれた[2]慶元2年(1196年)に進士に合格し、慶元6年(1200年)に湘潭県に任じられる。嘉定9年(1216年)に臨安府通判、嘉定16年(1223年)に南剣州知府、嘉定17年(1224年)に福建路の提挙市舶司を経て、宝慶元年(1225年)に泉州市舶司として着任。

趙汝适は泉州の市舶司に在任中、アラビア商人などから地理・風土・物産に関する海外情報を収集して、上下2巻の地誌諸蕃志』を著した。

脚注編集

  1. ^ a b 『趙汝适壙誌』
  2. ^ 泉州市地方志编纂委员会编 (2000-5). 泉州市志. 北京: 中国社会科学出版社. pp. 第一章 人物传. ISBN 7-5004-2700-X. http://www.fjsq.gov.cn:88/showtext.asp?ToBook=3222&index=4402&