メインメニューを開く

足利小山信用金庫(あしかがおやましんようきんこ、英語Ashikaga Oyama Shinkin-Bank)は、足利信用金庫小山信用金庫2004年11月22日に合併し誕生した信用金庫である。栃木県下最大の信用金庫となる。本店は栃木県足利市井草町。元の足利信用金庫は1925年産業組合法による有限責任足利信用組合として設立された。預金残高は2,794億円(2006年)、出資金は10億円。

足利小山信用金庫
Ashikaga Oyama Shinkin-Bank
Ashikaga Oyama Shinkin-Bank Head Office Building.jpg
種類 信用金庫
略称 足利小山信金
本店所在地 日本の旗 日本
326-0811
栃木県足利市井草町2407-1
北緯36度20分10.6秒東経139度27分1.3秒
設立 1925年大正14年)10月
(有限責任足利信用組合)
業種 その他金融業
法人番号 2060005006282
金融機関コード 1221
事業内容 協同組織金融機関
代表者 篠田洋行(理事長
営業利益 837百万円(2010年3月期)[1]
純利益 255百万円(2010年3月期)[1]
従業員数 309名(2017年3月現在)
支店舗数 24店(2017年3月現在)
決算期 3月
外部リンク 足利小山信用金庫
テンプレートを表示

営業地区編集

沿革編集

  • 1925年10月 - 【足利】有限責任足利信用組合を設立する。
  • 1943年7月 - 【足利】市街地信用組合法に基づき、足利信用組合に改組する。
  • 1950年4月 - 【足利】中小企業等協同組合法に基づき、改組する。
  • 1950年6月 - 【小山】小山信用組合を設立する。
  • 1951年10月 - 【足利】信用金庫法に基づき、足利信用金庫となる。
  • 1953年6月 - 【小山】信用金庫法にもとづき、小山信用金庫となる。
  • 2004年11月22日 - 【足利小山】足利と小山の2信用金庫が合併して、足利小山信用金庫となる。

脚注編集

  1. ^ a b “平成22年度上半期のご報告” (PDF) (プレスリリース), 足利小山信用金庫経営企画部, (2010年4月1日), http://www.ashikagaoyamashinkin.co.jp/company/pdf/disclosure/2010/20100401-20100930.pdf 2018年6月6日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集