辺野喜川(べのきがわ)は、沖縄県国頭郡国頭村を流れる二級水系辺野喜川本流である[2]

辺野喜川
Gthumb.svg
画像募集中
水系 二級水系 辺野喜川
種別 二級河川
延長 8 km
平均流量 0.88 m³/s
(下辺野喜観測所 2012年[1]
流域面積 13.8 km²
水源 国頭村ヤンバル
水源の標高 200 m
河口・合流先 東シナ海
流域 日本の旗 日本
沖縄県国頭郡国頭村
テンプレートを表示

地理編集

国頭村ヤンバル西麓に端を発し、伊集の湖[3]に貯水され、一部はふんがー湖[4]に導水される。うねるように渓谷を形成し平野部に至り、整備された堤防に沿い東シナ海へ流入する。

流域の自治体編集

沖縄県国頭郡国頭村

大川の森編集

上流の辺野喜ダム[5]周辺に位置する森林で、「大川の森」として水源の森百選に指定されている[6]

山岳 面積(ha) 標高(m) 人工林(%) 天然林(%) 主な樹種 制限林 種類 流量(m3/日)
山原の森 680 250 60 40 イジュイタジイイスノキ 水源かん養保安林  ダム貯水(辺野喜ダム)     21,000

ほとんどが上記のセンダンクスノキ常緑広葉樹林の暖帯性植物とシバニッケイイジュヘゴ等の亜熱帯の植物が混在している。ヤンバルの豊かな森には、国指定の天然記念物ノグチゲラヤンバルクイナヤンバルテナガコガネが生息している。 所在地:沖縄県国頭郡国頭村字辺野喜(データは指定年1995年平成7年)7月

流域の道路編集

主な支流編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]