近代主義 (カトリック)

カトリック内の思想運動

キリスト教における近代主義(きんだいしゅぎ、フランス語: modernisme, 英語: Modernism)とは、カトリック信仰の伝統を近代の認識論歴史学などに関連させて再解釈しようとする、19世紀後半から20世紀初頭におけるカトリック教会内部の思想運動である[1]モダニズムとも言われる[2]

フランスを始めとする各国でそれぞれ独自に発生し、共通した志向はなく、多様な形態を取っている[1]聖書に関する歴史的・批判的研究の見解を全面的に採用し、聖書内の矛盾を調停する試みを捨て、聖書の著者が多くの歴史的制約を受けていたことを主張し、プロテスタントの学者よりも懐疑的な態度をとった[1]。また、主知主義を排撃し、教義よりも実践を重視し、行動哲学、プラグマティズムを採用し、キリスト教の本質を生命の内に把握した[1]。さらに歴史の目的論的解釈によってキリスト教の歴史的発展を把握したが、キリスト教の歴史的起源については懐疑的だった[1]。フランスの近代主義を代表するロアジハルナックを批判した著作『福音と教会』を出版し論議を呼んだ[1]イギリスではフォン・ヒューゲル英語版ティレル英語版が、イタリアではムリイタリア語版が近代主義の論者として有名である[1]

近代主義は1907年にローマ教皇ピウス10世によって否定され、排斥・断罪された[1][3][4][5]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h "모더니즘"『グローバル世界大百科事典ウィキソース。2020年7月2日閲覧。
  2. ^ モダニズム」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』コトバンク。2020年7月2日閲覧。
  3. ^ 参考:阿部仲麻呂「『パスケンディ』」『新カトリック大事典研究社、研究社Online Dictionary. 2020年7月3日閲覧。
  4. ^ 参考:「パスケンディ」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』コトバンク。2020年7月4日閲覧。
  5. ^ 参考:「近代主義」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』コトバンク。2020年7月4日閲覧。

関連項目編集

この記述には、ダウムからGFDLまたはCC-SAで公開される百科事典『グローバル世界大百科事典』をもとに作成した内容が含まれています。