近藤 みゆき(こんどう みゆき、1960年2月23日[1] - 2019年12月16日[1])は、日本国文学者。専攻は日本古典文学。元実践女子大学教授。夫は日本語学者近藤泰弘[2]

経歴編集

1960年大阪府大阪市に生まれる[1]日本女子大学附属高等学校を経て[1]1978年日本女子大学文学部国文学科に入学[1]。同大学卒業後、1983年、東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専門課程修士課程入学[1]。修了後、1986年、同大学大学院人文科学研究科国語国文学専門課程博士課程へ進学[1]1988年中途退学し、千葉大学教養部専任講師となる[1]1992年、同大学教養部助教授、1994年、同大学文学部助教授、同大学大学院文学研究科助教授[1]2001年実践女子大学文学部助教授[1]2002年、同大学大学院文学研究科助教授、2003年、同大学文学部教授、大学院文学研究科教授[1]2006年、東京大学から博士(文学)授与[1]

2019年12月16日[1]、病のため死去。享年59歳。

受賞歴編集

  • 2001年7月、論文「平安時代古典語古典文学研究のためのN-gramを用いた解析手法」(近藤泰弘との共著、2001年3月)により、言語処理学会優秀発表賞を受賞[1]
  • 2006年9月、著書『古代後期和歌文学の研究』(風間書房、2005年2月)により、関根賞(第二次第1回)を受賞[1]

主な著作編集

単著編集

  • 『和泉式部日記 現代語訳付き』(角川ソフィア文庫) 2003年12月 角川書店
  • 『古代後期和歌文学の研究』2005年2月 風間書房
  • 『王朝和歌研究の方法』2015年4月 笠間書院

共著編集

  • 『論集 和泉式部』1988年9月 和歌文学会編、笠間書院 (論文「和泉式部と漢詩文ー同時代からの達成ー」を執筆)
  • 『歌ことばの歴史』1998年5月 笠間書院 (「古今和歌六帖の歌語-データベース化によって見た歌語の位相-」pp.35~53を担当。)
  • 『御堂関白記全注釈』1999年7月 山中裕編、高科書店(注釈を分担執筆)
  • 『ジェンダーの生成 古今集から鏡花まで』2002年3月 臨川書店 (論文「古今集の「ことば」の型―言語表象とジェンダー」を担当。)
  • 後拾遺和歌集 和歌文学大系33』2022年11月 松本真奈美共著、明治書院(注釈の遺著)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 近藤, 泰弘; 近藤, 絢音 (2020-10-15) (日本語), 近藤みゆき教授 年譜及び業績一覧, 実践女子大学, doi:10.34388/1157.00002187, https://doi.org/10.34388/1157.00002187 2021年8月30日閲覧。 
  2. ^ 久保田, 淳 (2020-10-15) (日本語), 近藤みゆきさんについての思い出, 実践女子大学, doi:10.34388/1157.00002193, https://doi.org/10.34388/1157.00002193 2021年8月30日閲覧。 

参考編集