日本女子大学附属中学校・高等学校

神奈川県川崎市多摩区にある中学校

日本女子大学附属中学校・高等学校(にほんじょしだいがくふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、神奈川県川崎市多摩区日本女子大学西生田キャンパスにある、同大学附属の女子校である。敷地には日本女子大学の人間社会学部、大学院の人間社会研究科が隣接している。

日本女子大学附属中学校・高等学校
附属高等学校
過去の名称 日本女子大学校附属高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人日本女子大学
理念 自念自動
(「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」)
設立年月日 1901年
創立者 成瀬仁蔵
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制(中学校)
2学期制(高等学校)
高校コード 14541G
所在地 214-8565

北緯35度37分8.8秒 東経139度31分42秒 / 北緯35.619111度 東経139.52833度 / 35.619111; 139.52833座標: 北緯35度37分8.8秒 東経139度31分42秒 / 北緯35.619111度 東経139.52833度 / 35.619111; 139.52833
外部リンク 日本女子大学 附属中学校・高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
附属中学校

概要編集

1901年(明治34年)、日本女子大学校(現・日本女子大学)の開学と同時に、現在の東京都文京区目白台に日本女子大学校附属高等女学校開校。戦後学制改革により1947年(昭和22年)、附属高等女学校を母体に新制日本女子大学附属附属中学校(目白台)、日本女子大学附属附属高等学校(西生田)が開校される。1979年(昭和54年)に附属中学校が西生田キャンパスに移転し、現在に至る。

建学の精神として、三大綱領「信念徹底、自発創生、共同奉仕」を掲げている[1]

中学生は制服があるが、高校生には制服がない[2]

蔵書5万冊超の中高共通の図書室がある[3]

中学校卒業生のほぼ全員が附属高等学校に、高等学校卒業生の75%が日本女子大学にそれぞれ進学する[4]

沿革編集

公式ホームページに拠る[5]

1901年 (明治34年) 日本女子大学校の開校とともに附属高等女学校が開校される。
1906年 (明治39年) 附属豊明小学校・幼稚園が開校される。

軽井沢三泉寮が開寮される。

1919年 (大正8年) 成瀬仁蔵告別講演が行われる。
1947年 (昭和22年) 附属高等女学校を母体に目白に附属中学校(新制)が開校される。
1948年 (昭和23年) 附属高等女学校を母体に西生田に附属高等学校(新制)が開校される。
1948年 (昭和23年) 日本女子大学(新制)が発足される。
1961年 (昭和36年) 日本女子大学、大学院の拡充が始まる。
1979年 (昭和54年) 西生田キャンパスに中高合同校舎(現在の校舎)が完成する。
1990年 (平成2年) 西生田キャンパスに日本女子大学人間社会学部開設される。
1993年 (平成5年) 第一回ニュージーランド国際交流が行われる。
1996年 (平成8年) 西生田成瀬講堂が竣工される。
2001年 (平成13年) 日本女子大学が創立百周年を迎える。 また、附属高等女学校の開校からも100年目を迎える。
2002年 (平成13年) アフガニスタン女性教育支援プログラムへの取り組みを開始する。

教育上の特徴編集

校舎の廊下の壁に各クラスの全員の美術作品、国語、社会のレポート、調理実習の写真付きレポート、陶芸などが展示される[6]

中学校

  • 中学校の音楽の授業ではバイオリンの授業が必須である[7]。バイオリンは1人1台用意されており、希望者には貸与される[8]
  • 中学では毎年校外授業として、1年次には軽井沢・2年次には東北・3年次では「国際理解」「人間・文化」「平和」「環境」のテーマ別の研修旅行が催される[9]

高等学校

  • 1・2年次の遠足、2年次の軽井沢でのセミナー、地域研究フィールドワークなどが行われる[10]
  • 土曜日や長期休暇を生かして、特別講座「知の泉」が用意されている[10]

クラブ活動編集

文科系[11]

  • 文芸部
  • インターナショナル部
  • 演劇
  • 書道
  • ソーイング
  • クッキング
  • 軽音楽
  • 弦楽合奏
  • コーラス
  • 茶道
  • イラスト
  • 生物
  • 天文
  • ミュージカル
  • 物理化学
  • 社会科研究  など

運動系[11]

  • 器械体操
  • 剣道
  • 卓球
  • 硬式テニス
  • 水泳
  • ソフトテニス
  • バドミントン
  • バスケットボール
  • 陸上
  • バレーボール  など

交通編集

著名な出身者編集

政治編集

経済編集

学術・研究編集

作家編集

芸能編集

宝塚歌劇団編集

アナウンサー編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 学校概要 | 日本女子大学 附属中学校・高等学校”. www.jwu.ac.jp. 2020年7月1日閲覧。
  2. ^ 教育方針 | 日本女子大学 附属中学校・高等学校”. www.jwu.ac.jp. 2020年7月1日閲覧。
  3. ^ 中高図書室 | 日本女子大学 附属中学校・高等学校”. www.jwu.ac.jp. 2020年7月1日閲覧。
  4. ^ 卒業後の進路 | 日本女子大学 附属中学校・高等学校”. www.jwu.ac.jp. 2020年7月1日閲覧。
  5. ^ 学校の歴史 | 日本女子大学 附属中学校・高等学校”. www.jwu.ac.jp. 2020年7月1日閲覧。
  6. ^ 日本女子大学附属中学校 塾対象説明会”. 佐々木ゼミナール (2019年5月). 2020年7月1日閲覧。
  7. ^ 音楽科 | 日本女子大学 附属中学校・高等学校”. www.jwu.ac.jp. 2020年7月1日閲覧。
  8. ^ 学校生活Q&A | 日本女子大学 附属中学校・高等学校”. www.jwu.ac.jp. 2020年7月1日閲覧。
  9. ^ 日本女子大学附属中学校学校案内”. 日本女子大学附属中学校 (2020年4月). 2020年7月1日閲覧。
  10. ^ a b 日本女子大学附属高等学校学校案内”. 日本女子大学附属高等学校 (2020年4月). 2020年7月1日閲覧。
  11. ^ a b クラブ活動 | 日本女子大学 附属中学校・高等学校”. www.jwu.ac.jp. 2020年7月1日閲覧。
  12. ^ 日本女子大学はもともと、大阪市東区清水谷東之町(現:天王寺区清水谷町)に建設される予定だった。この敷地に、大阪府第一高等女学校(現:大阪府立清水谷高等学校)が建設された。

外部リンク編集