メインメニューを開く

近藤 基樹(こんどう もとき、1864年4月16日[1]元治元年3月11日[2]) - 1930年昭和5年)3月8日[2])は、日本海軍軍人(造船官)、工学博士男爵。最終階級は海軍造船中将

近藤 基樹
Kondō Motoki.jpg
生誕 1864年4月16日
死没 (1930-03-08) 1930年3月8日(65歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1884 - 1920
最終階級 海軍造船中将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

東京出身。近藤真琴(教育家)の養子(婿養子となり、真琴の娘の鉄を娶った)[2]1883年明治16年)3月 、工部大学校機械学科を卒業、そのまま同校造船学科に入学[2]1884年(明治17年)3月、工部大学校造船学科を卒業[2]

1884年(明治17年)6月、海軍省主船局出仕[2]。同年9月、二等工長[2]1886年(明治19年)9月、七等技手[2]。同年9月から1890年(明治23年)10月まで イギリスのグリニッチ海軍大学校に留学[2]

1890年(明治23年)11月、文官から武官に転じ、海軍大技士(大尉相当官)に任官、横須賀鎮守府造船部[2]1896年(明治29年)造船監督官としてイギリス駐在[2]。イギリス駐在中の1897年(明治30年)6月に海軍造船少監(少佐相当官)、1898年(明治31年)10月に海軍造船中監(中佐相当官)に進級[2]

1900年(明治33年)1月に帰朝を命じられ、同年5月に海軍艦政本部第3部員[2]1909年(明治42年)9月まで、艦政本部計画主任を小幡文三郎と分担[3]1905年(明治38年)10月から1906年(明治39年)12月まで艦政本部造船造機担当部長を兼ねる[4]。この間、1902年(明治35年)に海軍造船大監(大佐相当官)、1908年(明治41年)12月に海軍造船総監(高等官2等、少将相当官[5])に進級[2]

1909年(明治42年)3月から9月までイギリスへ出張[2]1911年(明治44年)5月、艦型試験所長[2]1915年大正4年)2月、工学博士[2]。同年10月に海軍技術本部出仕を兼ねる[2]1919年(大正8年)、制度改正により海軍造船総監(高等官1等、中将相当官)から海軍造船中将となる[5]1920年(大正9年)10月、海軍艦政本部出仕[2]

1922年(大正11年)12月に待命、1923年(大正12年)3月に予備役に編入される[2]

1929年(昭和4年)12月に華族となり、男爵に叙される[2]1930年(昭和5年)3月8日に死去[2]。65歳没。

栄典編集

先進性編集

日露戦争中、すでに全主砲を中心線上に配置する、実質的には世界最初のド級戦艦を基本計画原案として設計していた。

親族編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ カシオ計算機「和暦から西暦変換(年月日)」により和暦から換算。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 秦 2005, p. 210, 近藤基樹
  3. ^ 秦 2005, p. 456, 艦政本部計画主任
  4. ^ 秦 2005, p. 456, 艦政本部造船造機担当部長
  5. ^ a b 雨倉 1997, pp. 70-71, 軍医将官の海上ポスト
  6. ^ 『官報』第5920号「叙任及辞令」1903年3月31日。
  7. ^ 『官報』第7460号「叙任及辞令」1908年5月12日。
  8. ^ 『官報』第241号「叙任及辞令」1913年5月21日。
  9. ^ 『官報』第1194号「叙任及辞令」1916年7月24日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  11. ^ 『官報』第2575号、昭和10年8月2日。
  12. ^ 秦 2005, p. 210, 近藤真琴

参考文献編集

  • 雨倉孝之 『海軍アドミラル軍制物語』 光人社、1997年。 
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典』 (第2版) 東京大学出版会、2005年。 
  • 福井静夫『日本戦艦物語(I)』光人社、1992年
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
近藤(基樹)家初代
1929年 - 1930年
次代:
近藤雅樹