メインメニューを開く
本来の表記は「近衞家平」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

近衛 家平(このえ いえひら)は、鎌倉時代後期の公卿関白近衛家基の長男。官位従一位・関白、左大臣近衛家7代当主。号に岡本関白

 
近衛家平
Konoe Iehira.jpg
近衛家平像(天子摂関御影
時代 鎌倉時代後期
生誕 弘安5年(1282年
死没 元亨4年5月14日1324年6月6日
別名 号:岡本関白
官位 従一位関白左大臣
主君 伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇
氏族 近衞家
父母 父:近衛家基、母:鷹司朝子(鷹司兼平の娘)
兄弟 家平経平、良覚、慈勝、信助、近衛兼教
経忠覚実、慈忠、女子
テンプレートを表示

経歴編集

正応3年(1290年)8月元服、叙爵。右近衛少将権中納言内大臣右大臣、左大臣を経て、正和2年(1313年)7月に関白藤氏長者になるが、正和5年(1315年)9月に辞任。

元亨4年(1324年)3月29日に出家し、同年5月14日[1]に薨御。享年43。

日記『岡本関白記』が残る。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 5月12日説・5月15日説もある。