メインメニューを開く

迫丸 金次郎(さこまる きんじろう、1951年7月27日 - )は、熊本県出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。1978年より登録名を迫丸 公勝(さこまる こうしょう)としている。

迫丸 金次郎
MSH医療専門学校 コーチ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県
生年月日 (1951-07-27) 1951年7月27日(68歳)
身長
体重
174 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1973年 ドラフト4位
初出場 1978年4月13日
最終出場 1983年8月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

来歴・人物編集

熊本第一工業高等学校では1969年夏の甲子園県予選準決勝で熊本工に敗退、中九州大会には進めなかった。卒業後は愛知学院大学へ進学。愛知大学リーグでは、1年春のリーグ戦で新人賞に選ばれた。同郷同期のエース小林秀一を擁し、1973年秋季リーグで5年ぶりの優勝を飾る。同年の全日本大学野球選手権大会でも初めて決勝に進出するが、中大田村政雄に抑えられ敗退、準優勝にとどまる。同年の第2回日米大学野球選手権大会日本代表にも小林とともに選出された。リーグ通算68試合出場、232打数60安打、打率.259、5本塁打、34打点。

1973年ドラフト4位で巨人入団。この年の巨人のドラフトは、1位で指名された小林をはじめ3位までの選手が入団拒否したため、4位の迫丸がその年の巨人最上位入団選手であった。当時の巨人の外野陣は世代交代期であったが、壁は厚く出場機会には恵まれなかった。

1981年に金銭トレードで広島に移籍、1983年には初先発出場を果たすが、同年限りで現役引退。引退後は広島でトレーニングコーチ等を務めた。現在、MSH医療専門学校硬式野球部のヘッドコーチを務めている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1978 巨人 7 9 8 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 0 0 0 5 0 .125 .111 .125 .236
1979 14 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1983 広島 14 14 11 3 2 0 0 0 2 1 1 0 0 0 2 0 1 2 1 .182 .357 .182 .539
通算:3年 35 27 23 3 3 0 0 0 3 2 1 0 0 1 2 0 1 9 1 .130 .222 .130 .353

タイトル編集

  • イースタンリーグ首位打者:1回 (1979年)
  • イースタンリーグ盗塁王:1回 (1980年)

記録編集

背番号編集

  • 55 (1974年 - 1980年)
  • 38 (1981年)
  • 31 (1982年 - 1983年)
  • 89 (1984年 - 2002年)

登録名編集

  • 迫丸 金次郎 (さこまる きんじろう、1974年 - 1977年)
  • 迫丸 公勝 (さこまる こうしょう、1978年 - 2002年)

関連項目編集

外部リンク編集