愛知学院大学硬式野球部

日本の大学野球チーム

愛知学院大学硬式野球部(あいちがくいんだいがくこうしきやきゅうぶ)は、愛知大学野球連盟に所属する大学野球チーム。愛知学院大学の学生によって構成されている。愛知大学リーグ戦で最多となる通算47回の優勝実績がある。2位は中京大学の42回(2023年秋季リーグ戦終了時点)。

愛知学院大学硬式野球部
加盟団体 愛知大学野球連盟
本拠地 愛知県日進市岩崎町阿良池
創部 1953年
監督 益田明典
公式サイト 公式ウェブサイト
リーグ戦成績
リーグ成績 1部リーグ優勝 47回
全日本大学野球選手権大会
最高成績 準優勝1回
ベスト4 4回
明治神宮野球大会
最高成績 優勝 1回
準優勝 1回
ベスト4 3回
テンプレートを表示

歴史 編集

1953年愛知大学野球連盟に加盟。

1968年、第17回全日本大学選手権準決勝で、優勝した田淵幸一らの法政大に4-9で敗れベスト4に終わる。

1973年、同年秋に巨人ドラ1蹴りをすることとなる小林秀一投手や迫丸金次郎らを擁し春季リーグ戦優勝。続く第22回全日本大学選手権で、大橋功男投手擁する早稲田大を4-0、準決勝で関東学院大を2-1(延長11回)で下し決勝に進んだものの、2年生投手田村政雄擁する中央大に0-3で惜敗し準優勝。

1979年、第28回全日本大学選手権準決勝で、岡田彰布らの早稲田大に3-6で敗れベスト4に終わる。

1987年、4年生益田明典投手らを擁して秋季リーグ戦優勝。続く第18回明治神宮大会2回戦で4年生山内嘉弘投手擁する近畿大を3-1、準決勝で4年生秋村謙宏投手擁する法政大に2-4で敗れベスト4に終わる。

1991年、前述のOB小林秀一監督が率いて、第22回明治神宮大会準決勝で慶応大を5-3、決勝で流通経済大を6-3で破り初優勝を飾った。

1998年、第47回全日本大学選手権準々決勝で、この大会で優勝し連覇した近畿大相手に3-2とリードした延長11回裏、近大4年二岡智宏に大会記録となる逆転サヨナラ3ランを浴び3-5xで惜敗した。

2005年第36回明治神宮大会2回戦で、春の全日本大学選手権優勝校の高市俊投手らを擁する青山学院大を下し、準決勝で優勝した九州産業大に敗れベスト4に終わる。

2011年、4年生浦野博司投手、1年生源田壮亮らを擁して第42回明治神宮大会2回戦で3年生東浜巨投手擁する亜細亜大を1-0、準決勝で創価大を延長10回2x-1で下し、決勝の野村祐輔投手擁する明治大に0-2で敗れ準優勝。

2014年第63回全日本大学選手権準決勝で神奈川大に1-2で敗れベスト4に終わる。

2015年以降のシーズンは、日本学生野球協会から学生野球資格の回復を認められた元プロ野球選手を相次いで監督に招聘。同2015年から2019年2月5日までは木村孝日本ハムファイターズ外野手・コーチ・スカウトを歴任)。

2019年2月6日からはOBの益田明典(卒業後に読売ジャイアンツ投手やスカウトを歴任)が監督を務めている。

練習場 編集

  • 愛知学院大学 日進キャンパス(日進市岩崎町阿良池)

記録 編集

主な出身者 編集

外部リンク 編集