メインメニューを開く

中央大学硬式野球部(ちゅうおうだいがく こうしきやきゅうぶ、Chuo University Baseball Club)は、東都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。中央大学の学生によって構成されている。学内での正式名称は中央大学学友会体育連盟硬式野球部。

目次

創部編集

1930年(昭和5年)4月[1]

歴史編集

飛田穂洲(顧問)、島田徳(部長)、山岡鎌太郎(監督)、安芸祝(アシスタント)の指導下で部員11名により学校公認の初の野球部が正式に発足。その後、日本大学専修大学國學院大學東京農業大学とともに新しい五大学野球連盟(現東都大学野球連盟)を結成した。

創生期には専修大学、日本大学と常に優勝争い、東都リーグ発展に大きく貢献した。1959年(昭和34年)には部員の不祥事で春季リーグ戦を出場停止となり、初の2部降格となる。2部に甘んじていた時期もあったが、宮井勝成監督の下、チームの建て直しを図り、1960年代中半からは駒澤大学と共に2強時代を築いた。しかし1980年代以降、東洋大学亜細亜大学青山学院大学の躍進により優勝から遠ざかって行く。1989年平成元年)春季リーグで1部最下位となり、2部1位の東洋大学との入替え戦に敗れ2部降格。以降、1999年(平成11年)秋季で1部に復帰するまで、20季、丸10年間2部に低迷した。2004年(平成16年)秋季で実に25年ぶりとなる1部優勝を果たすが、2006年(平成18年)春季から2部に再び降格。1部に復帰した2008年(平成20年)秋季以降は1部に定着し健闘しているものの、2013年春季現在、25回目の優勝は果たせていない。

概要編集

  • 昭和5年(1930年) - 創部(部員11名)
  • 昭和7年(1932年) - 東都大学野球一部リーグで初優勝
  • 昭和10年(1935年) - 吉祥寺運動場完成(練馬区石神井立野町
  • 昭和5年〜昭和29年(1954年) - 専修大学との二強時代。この間に16回優勝。
  • 昭和34年(1959年) - 部員の不祥事が発覚し春季リーグ戦を出場停止。秋季でリーグ発足以来初の2部降格。
  • 昭和42年(1967年) - 第16回全日本大学野球選手権大会初優勝。
  • 昭和45年(1970年) - 第1回明治神宮野球大会大学の部準々決勝進出。
  • 昭和46年(1971年) - 練馬区立野町の合宿所を建て替える。
  • 昭和48年(1973年) - 第22回全日本大学野球選手権大会優勝(2回目)。
  • 昭和49年(1974年) - 第5回明治神宮野球大会大学の部初優勝。
  • 昭和54年(1979年) - 第28回全日本大学野球選手権大会優勝(3回目)。
  • 平成6年(1994年) - 多摩キャンパス内に球場、合宿所を移転。
  • 平成16年(2004年) - 25年ぶりの一部優勝(24回目)。
  • 平成23年(2011年)3月1日 - 学生野球憲章規則緩和に伴う学生野球初のプロ球団との対外試合実施(3-3読売ジャイアンツ

本拠地編集

中央大学 多摩キャンパス 硬式野球場

記録編集

主な出身者編集

Category:中央大学硬式野球部の選手を参照。

プロ野球選手編集

アマチュア野球選手編集

中央大学は六大学野球に誘われたのか編集

誘われたとする説編集

現在の野球部に繋がる学生組織が成立する以前、東京五大学野球連盟(1921年~1925年、現 東京六大学野球連盟)から東京帝国大学などとともに新規加盟を打診された経緯を持つ。しかし、当時イギリス法を基軸にする中央大と、ドイツ法を基軸にする東京帝大とが民法典論争[要検証]の中にあり、東京帝大に加え、フランス法を基軸にする明治大学法政大学などの大陸法系の諸大学とは、学問の自由の観点から相まみえることは妥当ではないとして、これを理由に固辞したとされている[2]

誘われなかったとする説編集

  • 『中央大学百年史』には五大学野球連盟から新規加盟を打診されたという記述はない。
  • 中央大学野球部が正式に誕生したのは1930年4月であり、六大学リーグ成立時に野球部のなかった中央大学に参加打診をする可能性は一般論としては高くないと考えられる。
  • 大正末から昭和初頭にかけての『東京朝日新聞』のスポーツ欄には六大学や日大、専修、國學院、商大(一橋)の試合結果は見られるが、中央の試合結果はほとんど見られない。
  • 日大國學院の六大学加盟問題の記事は散見されるが、中央の加盟問題の記事は一つもない。
  • 中大野球部よりも実績のある日大や國學院さえも六大学に入れなかったことを考えれば、実力不明な中央に六大学入りを打診するのは不自然である。
  • 東大野球部は六大学リーグに正式加盟する前から早慶などとも練習試合を重ねており、その実力は世間からも認められていた[3]

脚注編集

  1. ^ 『中央大学百年史』 年表・索引編、2004年、166頁
  2. ^ 「スポーツの世界は学歴社会」(橘木俊詔齋藤隆志PHP新書、2012年) P78
  3. ^ 大和球士 『真説 日本の野球史《大正篇》』 ベースボール・マガジン社、1977年、287-288頁

外部リンク編集