メインメニューを開く

達 正光(たち まさみつ、1965年4月18日 - 2007年3月26日)は、将棋棋士。棋士番号165。千葉県出身。高柳敏夫名誉九段門下。

 達 正光 七段
名前 達 正光
生年月日 (1965-04-18) 1965年4月18日
没年月日 (2007-03-26) 2007年3月26日(41歳没)
プロ入り年月日 1984年7月11日(19歳)
棋士番号 165
出身地 千葉県
師匠 高柳敏夫名誉九段
段位 七段
戦績
2014年6月5日現在

目次

人物編集

アマチュア時代は、第2回(1977年小学生将棋名人戦優勝、第3回(1978年)中学生将棋名人戦優勝(当時は大阪在住)。

佐藤康光とは2回対戦して2勝0敗の成績であった。特に2回目は佐藤が名人であった1999年のことで、全日本プロ将棋トーナメントの準々決勝で対戦し勝利している。(準決勝で森内俊之に敗れる。)

2007年心不全のため死去。享年41での夭折であった[1]

最後の参加となった第65期順位戦では、自身はC級2組で3勝7敗・47人中38位で最初で最後の降級点を喫してしまったものの、その期にC級1組に昇進を決めて後に王位のタイトルを獲得する広瀬章人と2回戦で対局し唯一の黒星を与えた。

昇段履歴編集

  • 1978年 5級 = 奨励会入会
  • 1980年 初段
  • 1984年7月11日 四段 = プロ入り
  • 1988年12月11日 五段(勝数規定
  • 1996年6月18日 六段(勝数規定)
  • 2007年3月26日 現役のまま死去
  • 2007年4月1日付 七段(追贈)[2]

主な成績編集

  • 通算成績:347勝377敗
  • 順位戦:自己最高 C級2組(第44〜65期)
  • 竜王戦:自己最高 4組(第2〜18期)
  • 第2回アマプロオープン(非公式戦)優勝

公式棋戦本戦出場編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集