遠山森林鉄道

遠山森林鉄道(とおやましんりんてつどう)は林野庁長野営林局管内の長野県下伊那郡南信濃村および上村(現・飯田市[1]で運行されていた森林鉄道の名称である。

最盛期には総延長36.5キロの路線があったが、道路が整備されてトラックが木材の輸送を担うようになってから姿を消していった。

目次

路線データ編集

廃止時時点

管理する営林署編集

路線編集

遠山線(1級路線)
路線延長:19.6キロ
停車場:梨元貯木場・柿の島・北又渡
遠山本谷線(1級路線)
路線延長:10.9キロ
停車場:北又渡・便ヶ島・西沢渡
大沢線(2級路線)
路線延長:6.0キロ
停車場:北又渡・大沢渡

歴史編集

  • 1944年(昭和19年)12月 : 遠山線運行開始。
  • 1953年(昭和28年) : 大沢線運行開始。
  • 1956年(昭和31年)1月 : 遠山本谷線運行開始。
  • 1961年(昭和36年) : 大沢線廃止。
  • 1968年(昭和43年)12月13日[2] : さよなら列車運行。営林署による運行の廃止。
    • 沿線の資源が枯渇したため営林署の運材輸送は廃止された。しかしこの地区はもともと民有林が多く、本州製紙は所有する山林からのパルプ材を輸送するためにこの軌道を借り受け自社所有の機関車1両と営林署から借りた1両を使用し、本州製紙下請けの信和林業により1973年頃まで運行されていた。
  • 2012年(平成24年)12月 :「夢をつなげよう遠山森林鉄道」が発足。今後、「梨元ていしゃば」にて、レールの敷設や車両の購入をする予定。

車輛編集

車両は、最盛期には機関車7両、貨車242両、人貨輸送車5両を抱えていた。

機関車編集

当初からディーゼル機関車を使用。

客車編集

  • 人貨輸送車

貨車編集

ほぼすべての貨車が木材輸送用だった。

運行形態編集

旅客列車は、便乗という名目で沿線住民の旅客輸送を行っていたが、遭難客の便乗も許可されていた。晩年には、北又渡ダムの建設資材運搬も行った。途中には13の停車場があった。

現状編集

路線編集

ほぼすべてが林道に転用されている。

保存車両編集

  • ディーゼル機関車79号機・客車・運材車 : しらびそ高原
  • ディーゼル機関車96号機・復元客車:「梨元ていしゃば」で2012年頃から動態保存
  • かつては南信濃村営宿舎「やまめ荘」(現いろりの郷 島畑)にも車両が保存されていた。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 開業当時は木沢村と上村
  2. ^ 『遠山森林鉄道と山で働いた人々の記録』56-57頁。

参考文献編集

外部リンク編集