メインメニューを開く

遠矢 孝信(とおや たかのぶ、1946年10月21日 - )は、日本の元俳優スタントマン

目次

来歴編集

1968年(昭和43年)頃、日大出身者のアクションチーム「ジャパン・ファイティング・アクターズ(JFA、ジェファー)」に参加。

1971年(昭和46年)、JFA顧問の土屋啓之助が監督、代表の渡辺高光が出演していた関係でピープロのテレビ特撮番組『宇宙猿人ゴリ(スペクトルマン)』(フジテレビ)で、スーツアクターとして「ゴリ博士」を演じる。

円谷プロのテレビ特撮番組『帰ってきたウルトラマン』(TBS)で、怪獣を演じる。

1972年(昭和47年)、ピープロ制作のテレビ時代劇『快傑ライオン丸』(フジテレビ)では敵役の「デボノバ」や「巨大ゴースン」を演じる。

1974年(昭和49年)、『電人ザボーガー』で再び菊池英一と共演。「中野刑事」役の菊池とも絡み再び殺陣を行った。終盤の「恐竜軍団シリーズ」では「悪魔ハット」役でレギュラー出演している。

特撮作品の他にも時代劇、刑事ドラマなどの作品に脇役として出演し活躍した。

出演編集

テレビドラマ編集

その他多数

映画編集

ほか