C.A.L

株式会社C.A.L(シー・エー・エル)は、日本テレビ番組制作プロダクションである。時代劇を中心としたテレビドラマ等を制作している。C.A.Lは、Creative Association Limitedの略である。

株式会社C.A.L
C.A.L Company, Limited
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 C.A.L、シー・エー・エル
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座八丁目14番14号
銀座昭和通りビル5階
設立 1966年(昭和41年)8月25日
業種 番組制作会社
事業内容

テレビ番組・映画・CM・各種映像の企画/製作/販売 各種イベント・演劇の企画/製作/音楽出版

時代劇コンテンツ推進協議会事務局運営
代表者 代表取締役社長 白石統一郎
資本金 1,000万円
従業員数 30名
主要株主 電通
関係する人物 梅垣哲郎
青柳信雄
外部リンク C.A.L公式サイト
テンプレートを表示

代表作には『水戸黄門』や『大岡越前』等がある。

目次

概要編集

1966年8月25日に、大手広告代理店電通のラジオテレビ局長だった梅垣哲郎が中心となって設立。初代の社長には東宝の監督だった青柳信雄、重役に黒澤明の映画のシナリオを担当した橋本忍菊島隆三小国英雄、井手雅人といった映画界の大御所を迎えた他、企画の原田庸之輔ら電通の出身者も多く参加した。

時代劇制作を得意としてきたが、近年は2時間ドラマや情報バラエティ番組も多く制作している。

現役員編集

  • 代表取締役社長 - 白石統一郎
  • 取締役 -

歴代社長編集

製作・制作作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

情報番組編集

脚注編集

  1. ^ 『実録テレビ時代劇 ちゃんばらクロニクル1953-1998』(著:能村庸一、発行:東京新聞出版局)180頁

外部リンク編集