郡上市立白鳥小学校 (ぐじょうしりつ しろとりしょうがっこう)は、岐阜県郡上市にある公立小学校

郡上市立白鳥小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 郡上市
設立年月日 1873年
共学・別学 男女共学
所在地 501-5121
岐阜県郡上市白鳥町白鳥10-2
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

校区は白鳥町白鳥、白鳥町為真、白鳥町越佐、白鳥町向小駄良である。

沿革編集

  • 1873年(明治6年)
  • 1875年(明治8年) - 溜谷義校が溜谷小学校に改称する。
  • 1877年(明治10年) - 溜谷小学校が白鳥村に移転。白鳥学校に改称する。
  • 1879年(明治12年) - 白鳥学校が分立し、為真村に為真学校が開校する。
  • 1886年(明治19年) -
    • 白鳥学校が白鳥簡易科小学校、為真学校が為真簡易科小学校に、それぞれ改称する。
    • 大島尋常小学校[注釈 2]越佐分校が越佐簡易科小学校となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 白鳥村、為真村、大島村、中津屋村、越佐村が合併し、上保村が発足。
  • 1898年(明治31年)
    • 3月 - 白鳥簡易科小学校、為真簡易科小学校、越佐簡易科小学校が統合され、上保北尋常小学校となる。本校は旧・白鳥簡易科小学校に設置し、為真分校、越佐分校を設置。
    • 4月 - 上保北尋常高等小学校に改称する。
  • 1900年(明治33年) - 上保南尋常小学校[注釈 3]を統合し、上保尋常高等小学校となる。大島分校、中津屋分校を設置。
  • 1903年(明治36年) - 移転。仮校舎が完成。越佐分校を廃止。
  • 1919年(大正8年)
    • 3月 - 校舎が完成。大島分校、中津屋分校、為真分校を廃止。
    • 6月 - 失火により校舎の大部分を焼失。一部の児童は旧・越佐分校で授業を行う。
    • 11月 - 旧・大島分校、中津屋分校を大中尋常高等小学校として開校。
  • 1925年(大正14年) - 大中尋常高等小学校を統合し、第二教場を設置。
  • 1928年(昭和3年)11月10日 - 上保村が町制改称により白鳥町となる。
  • 1941年(昭和16年) - 白鳥国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年) - 白鳥町立白鳥小学校に改称する。
  • 1951年(昭和26年) - 第二教場が白鳥町立大中小学校として独立する。
  • 1952年(昭和27年) - 木造校舎を新築する。
  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 白鳥町、牛道村北濃村と合併し、白鳥町が発足。
  • 1960年(昭和35年) - 白鳥町立北濃小学校第二分校が白鳥小学校に統廃合され、向小駄良地区の児童は白鳥小学校に転入する。
  • 1974年(昭和49年) - 新校舎(鉄筋コンクリート造)が完成。
  • 1986年(昭和61年) - 体育館が完成。
  • 2004年(平成16年)3月1日 - 八幡町大和町、白鳥町、高鷲村美並村和良村明宝村が合併し、郡上市が発足。同時に郡上市立白鳥小学校に改称する。

注釈編集

  1. ^ 後の郡上市立大中小学校
  2. ^ 元・逢島義校。
  3. ^ 元・大島尋常小学校。

参考文献編集

  • 白鳥町史 通史編下巻 P315 - 318
  • 白鳥町史 現在編 P576 - 578

関連項目編集


外部リンク編集