郭英

元末から明初の軍人。濠州の人。明建国の功臣。武寧侯。

郭 英(かく えい、1335年 - 1403年)は、初の軍人。濠州の人。朱元璋に仕えて、明建国の功臣となった。兄の郭興も朱元璋に仕えて、明建国の功臣となった。妹は郭寧妃。孫娘は郭貴妃。曾孫娘は郭愛

生涯編集

姓名 郭英
時代 時代 - 時代
生没年 1335年元統3年) - 1403年永楽元年)
字・別名 郭四(別名)
本貫・出身地 濠州
職官 驍騎衛千戸→指揮僉事→本衛指揮副使

→河南都指揮使→前軍都督府僉事→靖海将軍
→征虜右副将軍→征西副将軍

爵位 武定侯(明)→営国公(明)
諡号 威襄(明)
陣営・所属 朱元璋
家族・一族 父:郭山甫、兄:郭興、弟:郭徳成、妹:郭寧妃

子:郭鎮郭銘郭鏞他9人
女:9人

至正13年(1353年)、18歳のとき、朱元璋と行動を共にする。朱元璋の宿衛を守備し、信頼厚く、郭英を『郭四』と呼ぶほどであった。同年、定遠攻略に参加した24将の一人。滁州和州采石太平攻略に参加した。

至正23年(1363年)、鄱陽湖の戦いに参加し、功績を上げる。

至正24年(1364年)、武昌攻略に参加した。陳理軍の陳同僉が長柄の矛で突入してきた。朱元璋は郭英を呼び、討ち取るよう命じた。郭英は陳同僉を討ち取り、朱元璋から戦袍を賜った。岳州を攻め、援軍を破った。廬州襄陽を攻略した。功績により、驍騎衛千戸となった。淮安・濠州・安豊を攻略し、指揮僉事に進んだ。

洪武元年(1368年)、徐達に従い、北伐へ参加した。常遇春に従い、ココ・テムルを敗走させ、興州大同を攻略した。奉元鳳翔鞏昌慶陽を攻略し、賀宗哲を乱山で破って、本衛指揮副使に進んだ。安定に進み、チャガンノール(察罕脳児)を攻略した。寧州を攻略し、2千の敵兵を斬首した。河南都指揮使に進んだ。赴任する際、妹の郭寧妃に、白金20、馬20を餞別として贈った。民の流亡を抑え、法律を明らかにしたため、河南地域をよく治めた。

洪武9年(1376年)、北平に移った。

洪武13年(1380年)、召還されて前軍都督府僉事に進んだ。

洪武14年(1381年)、傅友徳に従って、雲南攻略に向かった。陳桓胡海と共に赤水河を進んだ。雨が長く降り続け、河は氾濫した。郭英は筏を作り、夜に進軍した。敵陣営は驚き、壊乱した。敵将の烏撒阿容らを捕らえた。曲靖・陸涼・越州・関索嶺・椅子寨を攻略した。大理を降し、金歯・広南にある山寨を攻略した。

洪武16年(1383年)、傅友徳に従って、蒙化・鄧川・金沙江・北勝・麗江を攻略した。これらの攻略戦で、斬首1万3千、捕虜2千、武具数万、船1千余りという戦果を得た。

洪武17年(1384年)、雲南地方を平定した功により、武定侯に封ぜられ、食禄2千5百石を賜った。

洪武18年(1385年)、靖海将軍となり、遼東地方を守備した。

洪武20年(1387年)、馮勝に従い、金山で哈出を降した。征虜右副将軍に進んだ。藍玉に従い、ブイル湖に至った。褒賞を賜り、故郷へ戻った。

洪武30年(1397年)、征西副将軍として耿炳文と共に陝西を守備した。反抗した高福興を討伐した。御史の裴承祖が、郭英は無断で家奴150人を養い、男女5人を殺したとして弾劾した。御史の張春らが、この問題を朱元璋に奏上し続けた。朱元璋は大臣らに命じて、この問題について議論させた。協議の結果、朱元璋はこの問題を許した。

建文元年(1399年)、靖難の変では建文帝側として、耿炳文・李景隆と共に戦ったが、功を上げることはなかった。靖難の変が終わると、免じられて屋敷へ戻った。

永楽元年(1403年)、67歳で亡くなった。営国公を贈られ、威襄とされた。

人物・逸話編集

 
郭英
  • 書史に通じ、紀律を重んじる性格だった。
  • 忠謹をもって朱元璋に仕え、朱元璋も親しみを持って接していた。
  • 妹の郭寧妃は朱元璋の恩寵が厚かったが、功臣らはこれを怨むことはなかった。

参考文献編集

  • 明史』巻130 列伝第18

関連項目編集

  • 郭勛 - 子の郭銘の末裔