酒井 忠得(さかい ただえ、元文3年(1738年) - 宝暦5年2月19日1755年3月31日))は、上野前橋藩(のち播磨姫路藩)の世嗣。前橋藩9代藩主(のち姫路初代藩主)・酒井忠恭の次男。母は榊原政邦の娘。官位は従四位下、河内守。

当時上野前橋藩主だった忠恭の嫡子として生まれ、延享4年(1747年)に徳川家重御目見する。宝暦2年(1752年)には叙任されたが、家督を継ぐことなく宝暦5年(1755年)に18歳で早世した。代わって、弟の忠宜が嫡子となった。