メインメニューを開く

酒井 忠音(さかい ただおと、元禄4年10月20日1691年12月9日) - 享保20年5月18日1735年7月8日)は、江戸時代中期の若狭小浜藩第5代藩主。老中。小浜藩酒井家6代。

生涯編集

越前敦賀藩酒井忠稠の次男。母は土井利房の娘。正室は有馬頼元の娘。子に酒井忠通(長男)、酒井忠竜(次男)、酒井忠存(三男)、酒井忠用(四男)、酒井忠与(五男)、酒井忠順(七男)、有馬則憑(十男)。

宝永3年(1706年)、小浜藩主・酒井忠囿の養子となり家督を相続。徳川吉宗の将軍就任後、奏者番寺社奉行大坂城代老中を歴任し、享保の改革を支えた。享保20年(1735年)急死。死後、三男・忠存が後を継いだ。墓所は福井県小浜市空印寺

経歴編集