メインメニューを開く

酒寄 雅志(さかより まさし、1949年[要出典] - )は、日本の歴史学者國學院大學栃木短期大学教授[1]。専門は日本古代史と東北アジア史[1]

酒寄 雅志
人物情報
生誕 1949年????
日本の旗 川崎市
学問
研究分野 日本古代史
テンプレートを表示

1974年國學院大學文学部史学科卒業。1980年法政大学大学院人文科学研究科日本史学専攻修士課程修了[要出典]1983年一橋大学大学院社会学研究科地域社会学専攻博士課程単位取得。指導教官は佐々木潤之介[2]渤海を研究。

目次

研究編集

学界では、複数の研究者から第二次世界大戦後の日本における渤海研究を石井正敏と共に牽引してきたと目されており、浜田久美子は「実証的、科学的な渤海史研究を切り開いたのが一九七〇年代に登場する石井正敏と酒寄雅志である。両氏は今日に至るまで渤海史研究をリードし、二〇〇一年にはその業績が、石井正敏『日本渤海関係史の研究』(吉川弘文館)、酒寄雅志『渤海と古代の日本』(校倉書房)の両著書にまとめられた。両著書は戦後歴史学における渤海史研究の集大成といっても過言ではなく、日本における渤海史研究のひとつの到達点が示されたことになる[3]」「石井・酒寄両氏の著書刊行により、渤海史研究は一つの節目を迎え、この刊行を機に新たな展開をみせていくことであろう[4]」と評している。河内春人は、「70年代から始まった渤海史再検討の動きは、90年代初頭になって方法論的に止揚することによって大きく加速しながら現在に至っている。かかる状況下において21世紀初めの年に、現在の渤海史研究をリードしてきた石井正敏氏の『日本渤海関係史の研究』(吉川弘文館)、酒寄雅志氏の『渤海と古代の日本』(校倉書房)という両著書が出版されたことは、渤海史研究がひとつの到達点に至ったことを示している」と評している[5]榎本淳一は「渤海史研究が今日のような盛況をみることになった背景には、酒寄氏、石井氏という研究スタイルの異なる両氏が良きライバルとして当該研究を牽引してきたということも大きな要因」「両氏の多年の研究により、古代日本と渤海との交流のもった歴史的な意義が多方面から明らかにされた。その成果は、唐との関係のみを重視し、その他の関係を捨象ないし軽視するという従来の日本古代対外関係史研究のあり方を見直させる大きな役割を果たした」「日唐関係を相対化し、多面的に当時の国際関係を分析する視覚をもたらしたことは大いに評価されるべき」と評している[6]

著書編集

共編著編集

監修編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 教員プロフィール 國學院大學栃木短期大学
  2. ^ 「昭和57年度 学位授与・単位修得論文一覧」一橋大学
  3. ^ 浜田久美子『研究動向 渤海史研究の歩み--石井正敏氏、酒寄雅志氏の業績を中心に』校倉書房〈歴史評論〉、2003年2月、74頁。
  4. ^ 浜田久美子『研究動向 渤海史研究の歩み--石井正敏氏、酒寄雅志氏の業績を中心に』校倉書房〈歴史評論〉、2003年2月、82頁。
  5. ^ 河内春人『渤海史研究の論点』刀水書房〈唐代史研究〉、2002年6月、106頁。
  6. ^ 榎本淳一『日渤関係史研究の成果と意義』史学会〈史学雑誌〉、2004年、108頁。