重里 徹也 (しげさと てつや、1957年9月28日 - )は、聖徳大学教授。日本の文芸評論家。元毎日新聞論説委員。大阪府大阪市生まれ。

経歴編集

大阪外国語大学(現:大阪大学外国語学部ロシア語学科卒業後、1982年に毎日新聞社に入社。福岡総局、東京本社学芸部長、学芸部編集委員、論説委員。2015年より聖徳大学教授。

著書編集

単著編集

  • 『文学館への旅』(毎日新聞社、2007年7月)

共著編集

聞き書き編集