メインメニューを開く

野広 実由(のひろ みゆ、4月13日[1] - )は、日本漫画家埼玉県出身[1]。女性[2]。血液型はO型[1]。旧ペンネームは野原 すずかけ(のはら すずかけ)。既婚で、夫はふじひろのペンネームの漫画家[3]だったが現在はラーメン店の店主である。

野広 実由
(旧:野原 すずかけ)
生誕 ????4月13日[1]
日本の旗 埼玉県[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1997年[1] -
ジャンル 4コマ漫画
代表作パティシエール!
『ダブルパティシエール!』
うちの姉様
公式サイト 末広八宝会
テンプレートを表示

経歴編集

高校1年生の時よりエニックス(当時)開催のドラゴンクエストシリーズのパロディ4コマ漫画投稿企画『ドラゴンクエスト4コマクラブ』に投稿を始める[1]。会員番号は0381[1]。投稿作品をまとめた単行本『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場番外編4コマクラブ傑作集』7巻(1994年発行)「天空の章」にすずかけ名義で4コマ漫画が掲載されたのが、掲載が確認できる最初の作品である[4]。7巻にはすずかけ名義での作品がスライム賞1本を含めて計3本掲載されている[4]

その後、ペンネームを卯月すずかけ(傑作集8 - 10巻)、野原すずかけ(傑作集11巻)[5]と変えながら投稿を続け、1997年発行の『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場』14巻に野原すずかけ名義で初めて参加、デビューを果たす[1]。以降、『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場』を始め、エニックスの4コママンガ劇場シリーズなどで活動を続けた。『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場』での執筆活動は2003年発行の『ドラゴンクエスト4コママンガ大全集』5巻が最後であり[6]、また同年には『ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン』の短編アンソロジーに1本のショート漫画を描いた[7]

以降はエニックスを離れ、他社の4コマ漫画雑誌に活動の場を移す。2004年、『COMICぎゅっと!』(平和出版)に「ぽんきゅ!」を1号(創刊号)から3号(休刊号)まで掲載、この時3話目において野広実由にペンネームを変更しており、以降同名義で作品を発表し続けている。「ぽんきゅ!」は後に『まんがドカン小町』(メディアックス)Vol.1において「野広実由コレクション」として再録されている。

2004年頃より、芳文社竹書房等の4コマ漫画雑誌を主な活動の場とするようになる。

芳文社では、『まんがタイムジャンボ』において2004年1月号より2005年1月号まで『WWW』を連載。次に代表作となる『パティシエール!』を『まんがタイムジャンボ』において2005年6月号より2008年8月号まで、平行して『まんがタイムファミリー』においても2005年7月号より2008年9月号まで連載し、同作品において初のオリジナル単行本を出すに至る。また、『パティシエール!』の続編となる『ダブルパティシエール!』を『まんがタイムジャンボ』において2008年9月号より2010年3月号まで、平行して『まんがタイムファミリー』においても2008年10月号より2010年4月号まで連載し、『パティシエール!』の開始から数えて足掛け5年の長期連載となった。他にも芳文社の連載では『パティシエール!』『ダブルパティシエール!』の連載と並行して、『まんがタイムスペシャル』にて『なないろレシピ』を2007年9月号より2010年2月号まで連載した。

竹書房では『まんがくらぶオリジナル』2007年5月号にて『うちの姉様』がゲスト掲載される。同作品は同誌2007年9月号より連載に昇格し、2013年5月号まで連載。並行して『まんがライフMOMO』においても2008年10月号にゲスト掲載の後、2009年4月号より2012年7月号まで連載された。なお、『うちの姉様』は『まんがくらぶオリジナル』2009年10月号より2012年4月号まで、同誌の表紙を務めていた。

また芳文社・竹書房の4コマ漫画雑誌各誌においては、連載作品のゲスト読切や新作読切などを時折掲載している。

作品リスト編集

連載作品編集

平和出版
  • ぽんきゅ!(COMICぎゅっと! 1号(創刊号) - 3号(休刊号)、全3話)- 1-2話は野原すずかけ名義
後に『まんがドカン小町』(メディアックス)Vol.1(2008年2月25日発売)において「野広実由コレクション」として再録。
芳文社
『ダブルパティシエール!』は『パティシエール!』の数年後を描いた作品。
竹書房
『まんがくらぶオリジナル』2009年10月号より2012年4月号まで、同誌の表紙を務めていた。
  • 惑い星と花(まんがライフオリジナル 2011年6月号 - 8月号ゲスト、2012年1月号 - 2013年7月号、全1巻)
  • 龍女生徒会っす!(まんがくらぶオリジナル 2013年6月号 - 2014年12月号)
  • ダンナが今日からラーメン屋(近代漫画 Vol.1 - Vol.16、全2巻)
双葉社

読切作品編集

芳文社
  • うぇざーはいつ(まんがタイムスペシャル 2010年6月号、7月号、8月号)
竹書房
  • 浦高ストリート(まんがライフオリジナル 2010年5月号)

この他、実話系漫画誌やゲームアンソロジー等に多くの作品を発表している。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 野原すずかけ「4コマ劇場楽屋裏」(エニックス出版局編『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 第14巻』エニックス、1997年、73頁)。
  2. ^ 自身の公式サイトのプロフィールより。
  3. ^ USTREAM『ポピュラー文化探訪』[リンク切れ]第2回(2011年8月19日20:00 (JST) 開始)より。
  4. ^ a b エニックス出版局編『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場番外編4コマクラブ傑作集』エニックス、1994年4月18日第1刷発行
  5. ^ エニックス出版局編『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場番外編4コマクラブ傑作集』エニックス、8 - 11巻(1994年 - 1995年)
  6. ^ エニックス出版局編『ドラゴンクエスト4コママンガ大全集』5巻、エニックス、2003年1月10日第1刷発行
  7. ^ 『ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン プレミアムストーリーズ』エニックス、2003年3月31日発行

外部リンク編集