まんがタウン

月刊まんがタウン』(げっかんまんがタウン)は、双葉社発行の4コマ誌(4コマ漫画専門雑誌)。創刊号は2000年12月号(2000年平成12年)11月5日発売)で、漫画アクションファミリー増刊『クレヨンしんちゃん特集号』から改題されての創刊となった。現在は原則として毎月5日に発売されている(但し、地域によっては発売日が異なることがある)。B5判、中綴じである。

定価は『まんがタウンオリジナル』休刊による統廃合で、2006年10月号より定価300円(たまに付録や内容によって特別定価320 - 330円になることもある)となる。消費税率の8%への増加に伴い、2014年5月号より定価340円となる。なお、『まんがタウンオリジナル』連載作品の一部は、双葉社他誌もしくはケータイサービスへ連載誌変更。

目次

概要編集

かつて双葉社では『まんがタウン』のほかに『まんがタウンオリジナル』や『もえよん』といった4コマ雑誌を発行していたが、いずれも休刊し、その後新たな4コマ誌が創刊されていないことからこれらの雑誌の連載陣が集約される形となった。このような経緯から、現在では定番作品からファミリーもの・オフィスもの(お仕事系)・萌え系4コマまでが満遍なく掲載されており、バランスの取れた誌面構成となっている。

『クレヨンしんちゃん』『かりあげクン』『鎌倉ものがたり』といったキラーコンテンツを抱えているが、連載陣は一部の大御所を除いて中堅クラスの作家が大半を占める形となっており、ゲスト作品や新人作家の作品の掲載は少ない。このため、安定感があり安心して読める作家陣で構成されている反面、各月号ごとの変化に乏しいという一面も持っている。

メイン作家の臼井儀人が不慮の事故により急逝したため『クレヨンしんちゃん』は2010年3月号で未完のまま連載が打ち切られた。4月号から8月号までは『かりあげクン』を中心とする複数作品が表紙を飾り、『クレヨンしんちゃん』の過去作品を再掲載する「クレヨンしんちゃんメモリアル」の他、映画版の公開前後にはコミカライズ版が相庭健太の執筆により掲載された。また、2010年以降新人・若手作家の新連載もいくつか開始しており、少しずつではあるが世代交代が進められようとしている。

2010年9月号からは臼井の元スタッフの作画で『新クレヨンしんちゃん』が連載されている。

現在連載されている作品編集

過去に連載されていた主な作品編集

表紙のデザイン編集

4コマ誌においては、他のジャンルの漫画雑誌と異なり、表紙イラストの中心キャラクターが1名の作家によって複数月連続して担当される(その他の漫画のキャラクターが小さく周りにいくつか配置されることが多い)、という特徴がある。『まんがタウン』では基本的に『クレヨンしんちゃん』(臼井儀人)がメインである。

2010年4月号と2011年2月号は『かりあげクン』(植田まさし)が中心に配され、2010年6月号から8月号までは『かりあげクン』と月替わりでもう1作品のキャラクターが合同で中心に配される構図が基本となった。以下、月替わりイラストを担当していた作家・作品と、その担当していた期間を記す。

  1. たかの宗美(派遣戦士 山田のり子)(2010年6月号)
  2. 私屋カヲル(だめよめにっき)(2010年7月号)
  3. むんこ(はいぱー少女 ウッキー!)(2010年8月号)

2011年1月号以後は、『新クレヨンしんちゃん』が表紙を飾ることが多いものの、固定にこだわらない月替わり表紙にやや近い状況になっている。※2011年7月号は多数の作品イラストが同等に小さく配された合同表紙

  1. 西岸良平(鎌倉ものがたり)(2011年1月号、2013年7月号)
  2. 植田まさし(かりあげクン)(2011年2月号、2015年4月号)
  3. UYスタジオ(新クレヨンしんちゃん)(2011年3,5,8-10,12月号、2012年1-3,5-6,8-10月号、2013年1,5-6月号、2014年6月号、2015年1-2,5-6,8月号、2016年1月号)
  4. たかの宗美(派遣戦士 山田のり子)(2010年4月号、2013年11月号)
  5. 森下裕美(少年アシベ)(2011年6月号)
  6. 東屋めめ(偽装男子)(2012年12月号(最終回))
  7. うず(きぐるめくるみ!)(2013年2月号(新連載),4月号,12月号(佐藤両々と合同))
  8. 東屋めめ(押しかけ時姫)(2013年3月号,8月号(佐藤両々と合同),10-11月号)
  9. 佐藤両々(あつあつふーふー)(2013年8月号(東屋めめと合同),9月号,12月号(うずと合同),2014年3-4月号,11月号)
  10. 相庭健太(ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん)(2013年10月号(新連載)、2014年5月号,12月号(最終回))
  11. ÖYSTER(ど先端ナース)(2014年1月号(新連載))
  12. 瀬田ヒナコ(ままごと少女と人造人間)(2014年2月号(新連載),8月号、2015年7月号、2016年3月号)
  13. 野広実由(大正 乙女カルテ)(2014年7月号)
  14. 王嶋環(夢からさめても)(2015年3月号)
  15. 西炯子(ちはるさんの娘)(2015年9月号)
  16. 佐野妙(ちょい能力少女あゆむ)(2015年10月号)
  17. 師走冬子(あいたま)(2015年12月号)
  18. 塚原洋一(野原ひろしの昼メシの流儀)(2016年2月号)

2012年1月号は渡り廊下走り隊7グラビアが表紙を飾っている。

ときに『新クレヨンしんちゃん』ともう1作品のキャラクターが合同で中心に配されることもある。

  1. たかの宗美(派遣戦士 山田のり子)(2011年11月号、2012年4月号)
  2. 樹るう(僕の奥さん)(2012年7月号)
  3. 佐藤両々(あつあつふーふー)(2012年11月号)

兄弟誌編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『まんがタイムファミリー』初出分を双葉社公式サイト上の試し読みコンテンツ上で公開中である。

外部リンク編集