メインメニューを開く

野村 旗守(のむら はたる、1963年 - )は、日本のジャーナリスト

目次

略歴編集

埼玉県出身。立教大学文学部史学科卒業[要出典]。外国人向け雑誌の編集者を経て、フリージャーナリストとして独立[要出典]。週刊誌や月刊誌などに、主として中国北朝鮮ジェンダーフリー関係のルポルタージュを執筆している[要出典]。また、核武装論者でもある[要出典]

2015年4月、関西学院大学金明秀教授と株式会社シノドスに対し、ウェブ上出版物の在日特権に関する記載に関して名誉毀損で訴訟を起こした[1]

主な主張編集

日本の有力政治家が北朝鮮との国交正常化に熱心な理由として、自らの取材を基に「川砂利・建設利権」が背景にあると述べている[2]

メディア編集

報道特集』(TBS)や『サンデープロジェクト』(テレビ朝日)、『とくダネ! 』(フジテレビ)、『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ)、『チャンネル桜』(SKY PerfecTV!)などの政治系討論番組やバラエティ番組に不定期出演をしている[要出典]

著書編集

共著・編著編集

  • 韓光煕『わが朝鮮総連の罪と罰』取材攻勢 文芸春秋、2002 のち文春文庫
  • 『北朝鮮利権の真相』編 宝島社 別冊宝島Real 2003 のち宝島社文庫 
  • 『社会党に騙された! 社民党"崩壊記念"』編 宝島社 別冊宝島real 2003
  • 『沖縄ダークサイド』編 宝島社 別冊宝島real 2004 のち文庫 
  • 『北朝鮮利権の真相 2 日朝交渉「敗因」の研究』編 宝島社 別冊宝島real 2004
  • 『マンガ嫌韓流の真実!』大月隆寛,西村幸祐,中宮崇,宮島理ほか共著 宝島社 別冊宝島、2005 のち文庫 
  • 『実録!平成日本タブー大全 マスコミが触れない皇室、学会、芸能、事件の"聖域"!』一ノ宮美成,ベンジャミン・フルフォード,寺澤有,夏原武,山村明義,溝口敦,呉智英ほか共著 宝島社 別冊宝島real 2005
  • 『嫌韓流の真実! 場外乱闘編 ネット報道、キテレツ写真、統計が炙り出す韓国人のリアルな生態!』中宮崇,中岡龍馬,大月隆寛, 宮島理 ほか共著 宝島社 別冊宝島 2006
  • 『嫌韓流の真実!ザ・在日特権 朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!』宮島理,李策,呉智英,浅川晃広共ほか著 宝島社 別冊宝島 2006 「ザ・在日特権」文庫
  • 『図説内側から見た朝鮮総連 在日朝鮮人ジャーナリストが書いた 日本から北朝鮮へ「人とカネ」を動かす者の正体!』青木英一,鈴木琢磨,崔永銀,星野陽平, 李策共著 イースト・プレス 2006
  • 『男女平等バカ』編 宝島社 別冊宝島real 2006
  • 『中国は崩壊しない 「毛沢東」が生きている限り』陳惠運共著 文藝春秋 2010
  • 『現代日本の闇を動かす「在日人脈」 マスコミが触れないカネと権力の裏コネクション』髙英起,夏原武, 李策共著 宝島社 別冊宝島 2013 のち文庫 
  • 『戦後日本の闇を動かした「在日人脈」』森功,城内康伸,李策 ほか共著 宝島社 別冊宝島 2013 のち文庫
  • 『日本人なら知っておきたい反日韓国100のウソ』室谷克実,黄文雄ほか共著 宝島社 2014

準レギュラー・常連ゲスト編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集