メインメニューを開く

越前大野鉄道部(えちぜんおおのてつどうぶ)とは、福井県大野市にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道部の一つである。

目次

概要編集

ローカル線の活性化と効率的な鉄道運営ができるように、JR西日本は1990年6月1日から主に支線区に対して鉄道部制度を導入し地域の特性に応じた業務が行われていた。しかし、鉄道部制度の見直しになり2008年6月1日に廃止された[1]

金沢支社の管轄で、越美北線の全線を管理エリアとしていた。

所属車両の車体に記されていた略号編集

金沢支社を意味する「金」と、越前大野を意味する「エチ」から構成された「金エチ」であった。

所属車両編集

車両基地越前大野駅構内に設けられており、2008年4月1日現在は以下の通りであった[2]

歴史編集

  • 1990年(平成2年)6月1日:鉄道部制度に伴い、第1次鉄道部として発足[3]
  • 2008年(平成20年)6月1日:福井地域鉄道部と統合により廃止され、運転関係は福井運転センターと統合される[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『JR気動車客車情報』2010年 交通新聞社 2010年 ISBN 978-4-330-14710-9
  2. ^ 『JR気動車客車情報 '08年版』ジェー・アール・アール、2008年。ISBN 978-4-88283-129-7
  3. ^ 『データで見るJR西日本 2001』西日本旅客鉄道
  4. ^ ジェー・アール・アール編『JR気動車客車編成表 2010』交通新聞社、2010年、p.235。ISBN 978-4-330-14710-9